第6話 七実様御用心!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アオーン

カツカツカツカツ

七実「はっ」

コツコツコツコツコツ

七実「……」

七実「はっはっはっはっはっはっ」

コツコツコツコツコツコツ

七実「きゃあ!」

ドサッ

ピッピー!

七実「ああ!キャー!」

キキッ

女性「あなた、大丈夫?ねえちょっと?大丈夫なの?変な子ね。心配してあげてるのに」

七実「……」


ザワザワ

桐生「命を狙われている?」

七実「これが初めてじゃないんですぅ。植木鉢が落ちてきたり、材木が倒れてきたり、階段から突き落とされそうになったり」

幹「強いな、悪運」

ガチャン

七実「助けて、お兄様。これはきっとスタイルがよくて、可愛くて、人望も厚く、お上品な七実のことを妬んだ奴の仕業に違いないわ〜。七実、とっても怖い」

桐生「ふぅ。何の話かと思えば。推理小説の読みすぎなんじゃないか、七実」

七実「そんなぁ!」

桐生「悪いが、生徒会の仕事が忙しいんでね。失礼」

七実「お兄様……」

キーン

七実「もう……お兄様ったら冷たいんだから」

幹「兄弟ってね、複雑なんだよ」

七実「何よそれ!」

幹「あっ。コホン。心当たりはないのかい?何か恨みを買うようなことをしたとか」

七実「失礼ね!」

女子生徒「そうですよ。七実様にぬかりはありません!」

女子生徒「ご自分の手は、決して汚さない主義ですから」

幹「なるほどー」

七実「って納得してんじゃないわよ!」

幹「あ、ごめ」

七実「他人事だと思って!こうしている間にも、わたくしは命を狙われているかもしれないのよー!」

ドスッ

七実「うげっ」

女子生徒「七実様〜」

ウテナ「ごめんごめーん、思ったより遠くまで飛んじゃって
えーと、ボールはどこかなー?ボール、見なかった?」

七実「あなただったのね……」

ウテナ「え?」

七実「植木鉢を落としたのも、材木倒したのも、階段から突き飛ばしたのも、全部あなたの仕業だったのねー!」

ウテナ「何のことー?」

七実「うっぎゃー、くやしー!またとぼけるおつもり!?」

女子生徒「落ち着いて!」

女子生徒「まだそうと決まった訳では……」

ウテナ「何でもいいから、早くボール返して?」


ウテナ「あっははは、僕がそんなことするはずないじゃない。第一僕には君を殺すだけの動機がないよ」

七実「だといいけど。わたくし知ってるのよ?あなたがお兄様に色目を使っていることくらい」

ウテナ「あいつが勝手にちょっかい出してくるだけだろう?」

七実「まー。なんて自意識過剰な人なの?」

幹「あれ、温室に誰かいる」

ウテナ「ええ?」

七実「だって、ドアに立ち入り禁止、って」

ウテナ「あー」

七実「お兄様」


桐生「何故さっさと片付けない。あんな奴、生かしておいてもためにならん」

アンシー「でも、私には出来ません」

桐生「怖気付いたのか?今更計画の変更は出来ない。一思いに、殺してしまえ」

七実「……!」

幹「聞こえました?」

ウテナ「うん。殺すとかうんとか」

桐生「さあ、やるんだ。虫けら1匹殺したところで、何の問題にもならん!」

アンシー「そんなことありません!例えみんなから嫌われていても、命は命です。もう少し待てば、おとなしくここから出て行ってくれるかもしれませんし」

桐生「何を甘いことを」

七実(そんな……まさかわたしの暗殺を企てていたとはお兄様。わざわざ立ち入り禁止にして、密談……!)

(七実妄想)

桐生「これで2人を邪魔する者はいない」

アンシー「私たち、やっと一緒になれるのですね」

桐生「それじゃ、いくよ」

アンシー「はい。冬芽様」

シャキン

ズオオオオ

七実「あああああ!」

(妄想終了)

ガチャッ

アンシー「え?」

桐生「七実」

七実「ひどいわお兄様!最近冷たいとは思っていたけれど、そんなに七実のことが邪魔だったの?」

桐生「何のことだ?」

七実「ううう、お兄様の、馬鹿ぁ!」

幹「七実君!」

ウテナ「見損なったよ!いくら生徒会長だからって妹を殺そうとするなんて!」

桐生「だから、何を言っているんだ」

ウテナ「だって今、殺すの殺さないのって」

アンシー「はい?」

幹「まさかそれって……」

ウテナ・幹「んん……」


スタタタタ

七実「ひどいっ、ひどすぎるっ。わたしを殺そうとしていた犯人が大好きなお兄様だったなんて!七実なんて死んじゃえばいいんだ!七実なんてぇっ!」

ブルルルルルル

キャー!

男子生徒「暴れ馬だー!」

男子生徒「暴れ馬が出たぞー!」

パカラッパカラッ

キャー キャー

七実「ああーっ」

バッ

コケーッ

?「お嬢さん、お怪我はありませんか?お嬢さん」

七実「!……あなたは……」


ウテナ「えー、王子様が出たー!?」

幹「はい、なんでも危機一髪のところを助けられたとか」

ウテナ「かっこいいなー。僕そういうの憧れちゃう」


七実「石蕗、美蔓」


幹「でも、その王子様、謎なんです」

ウテナ「謎?」


石蕗「いけない、血が出ている!でも抑え。これでよし。もう、大丈夫です」

七実「ありがとうございます
あ、あの……せめてお名前を……」

石蕗「名乗るほどの者ではありません。またどこかで会うこともあるでしょう。グッバイ、お嬢さん」


ウテナ「名前も告げずに立ち去るなんて、クー!イカすー!」

幹「しかし、七実君のお眼鏡にかなう王子様なんて、この学園にいるはずないと思ったんですけどね〜」

ウテナ「理想高そうだもんね、彼女」

キャーキャー

ウテナ「あ!あれが彼女の王子様?」

幹「七実君、やはり歳上好みだったのか」

ウテナ「なんだ、違うのか」

幹・ウテナ「ああー!」

幹「七実君渋い……!」

ウテナ「な訳ないか〜」

七実「はっはっはっはっ」

七実「石蕗、美蔓君?」

石蕗「はい」

幹「えー!」

ウテナ「あんな小さな子が彼女の恩人?」

七実「これ、ありがとう」

石蕗「あ……」

七実「石蕗君、お願い。わたくしと交際して?」

石蕗「ええ?」

ウテナ・幹・とりまき「ええー!?」


A子「キャンプだー!」

A子・B子「キャンプだキャンプだ嬉しいな〜」

A子「キャンプの醍醐味と言えば、やっぱり飯ごう炊飯とカレーさね」

A子・B子「グツグツグツグツグツグツ」

A子・B子「いただきまーす」

B子「そう、このご飯!芯が残ってて固いし〜」

A子「そのくせコクがあるし〜」←ちょっと聞き取れず

B子「おまけにカレーは水が足りなくて水みったーい。あんた本当に美味しがってるの?」

A子「いやーね、この美味しい空気が何よりの調味料よー」

A子・B子「ごちそうさまでした〜」

アイキャッチ

幹「なかなかいけますよー」

ウテナ「学食の話じゃなくて七実の話!あー、小学生に交際申し込むなんて……」

幹「本気のはずないですよー。あいつの本命は、冬芽先輩だけなんだから」

ウテナ「!生徒会長?」

幹「あ……まずかったかな」

ウテナ「むぐむぐむぐ、そんなことないよー」

幹「いや、学食の話じゃなくって」

ウテナ「兄弟だよねー。七実と生徒会長って」

幹「お兄ちゃん子なんですよ、結局。世界で一番の男が側にいるんだから、彼女にとって男は冬芽先輩だけ。他は全員カス同然なんです」

ウテナ「カス?」

幹「カスです。おまけです。パセリです」

ウテナ「うーん……」

幹「でも今回の事件、かなり堪えてるみたいですよー。唯一絶対の兄に裏切られた、って」

ウテナ「思い込み激しいからね、彼女」

幹「天上先輩、あれ」

ウテナ「ん?え?
こ、交際してる……」

幹「カップルというより、兄弟にしか見えませんねー」

ウテナ「本気なのかなー、七実」

リーンゴーン

女子生徒「ねえ、今日の体育、テニスなんだってー」

女子生徒「えー、私テニスウェア持ってきてないわー」

七実「石蕗?」

パチッ

ガチャ

石蕗「テニスウェアでございます」

女子生徒「ねえ、抜き打ちテストって反則?」

女子生徒「ほんと、ルール無用って感じね?」

七実「石蕗?」

パチッ

石蕗「虎の巻でございます」

女子生徒「ねー、今日の美術、屋外スケッチだってー」

女子生徒「えー、私イーゼル持ってきてなーい」

七実「石蕗?」

パチッ

七実「明日のお弁当はミートボール入れてきてね?」

石蕗「はい、喜んで」


ウテナ「あーいうの、彼って言うの?」

幹「さあ……」

西園寺「どんなに虐げられようとも、好きな人の側に居られるだけで嬉しい。それもまた愛の形。愛には様々な形がある。ちなみに僕とアンシーの愛は、忍ぶ愛

忍ぶ愛」

ウテナ「誰も聞いてないよ」

女子生徒「ねー、これ鈴木君に頼まれたんだけどー。山田君が読んで欲しいって」

女子生徒「ねー、田中君がー」

女子生徒「えー、捨てといてー」

鈴木「鈴木です」

山田「山田です」

田中「田中です」

鈴木?「どーいうつもりだ、七実君。僕たちとの交際を断っておきながら、あんな子供と交際するなんて」

田中?「僕たち中等部男子へのあてつけ?」

七実「あなたたち、誰?」

鈴木「毎日君にラブレターを書いている!」

山田「僕たちのことを!」

田中「君は忘れたというの?」

七実「石蕗?」

パチッ

鈴木「出たな、子供のくせに、七実くんと交際するなんて」

山田「許せない!」

田中「ここで白黒つけようじゃない!」

石蕗「僕は約束したんです。交際する以上は七実さんを守り抜くと!」

七実「石蕗、あとは頼んだわよ?」

石蕗「はい!喜んで!
うおりゃーーーーー!」

鈴木「どりゃー」

山田「うりゃー」

田中「そりゃー」

ボコボコ

七実「そういえば、いいお天気。はー、青い。なんて青い空なのかしらー」

ピチピチピチピチ

ザバッ

コツコツコツコツコツ

七実「石蕗よく頑張ったわね」

石蕗「はい、僕七実さんを守れましたよね」

ウテナ「よくわかったよ七実。君の真意が」

七実「天上ウテナ」

ウテナ「石蕗君は、君を守ろうと必死で戦っていたんだぞ?なのに黙ってみているだけなんて、そんなの、本当の交際じゃない!君はボディーガード代わりに石蕗君を利用してるだけじゃないか!」

七実「わたくしは殺されかけたのよ!今まで慕ってきた実の兄に!この気持ちがあなたにわかって!?」

幹「七実君、それは君の誤解」

七実「誤解も十回もないわ!石蕗はわたくしの彼なのよ!どう扱おうとわたくしの自由なはずよ!」

幹「それって、彼じゃなくて子分って言わないか……」

石蕗「いいんです。僕が望んだ交際ですから」

ウテナ「石蕗君、君は、君は一体どうしてそこまで彼女に入れ込むの?」

石蕗「運命の出会いです」

ウテナ「運命?」

石蕗「七実さんは、覚えてないみたいだけど、僕たちはもっと前に出会っているんです」


男子生徒「うわー、暴れ牛だー!」

男子生徒「暴れ牛が出たぞー!」

モー!

キャー!

七実「あっ」

ンモー!

七実「ああ!」

石蕗「はあ、はあ、はあ、はあ。あぶなーい!
あ!」

ずごーん

桐生「大丈夫かい、七実?」

七実「お兄様!」

桐生「さ、帰ろう」

石蕗「か、かっこいい〜」


石蕗「以来、僕はあの男性のように、かっこいいお兄様になるべく、ずっと修行を続けていました。そしてついに舞台は整ったのです!」

ウテナ「君、彼じゃなくてお兄さんになりたかったの?」

石蕗「だけど七実さんは、僕のことを覚えていなかった。思い出して貰えるように、出会いを演出したのに」

ウテナ「演出……」

石蕗「こうなったら仕方がありません。もう一度、危ない目に合わせるしか」

幹「ちょ、ちょっと待って!」

石蕗「はい?」

幹「もしかして、植木鉢を落としたり、材木倒したり、階段から突き落としたりしていたのって、君?」

石蕗「はい!危機一髪でかけつける。それがお兄様の正しい姿ですから」

七実サイド石蕗「もちろん、こんなこと七実さんには聞かせられません」

七実「つまり、自作自演だったって訳ね?」

石蕗「うわあ!」

七実「話は全部聞かせてもらったわ!」

ウテナ「怒らないで!
子供のしたことなんだからー」

幹「そうそう、若気の至り、思い余ってってやつだよ!」

キィーン

七実「聞く耳もたーーーん!」

石蕗「うっ、くっ」

七実「お前のせいで、わたくしは、わたくしはお兄様を馬鹿呼ばわりしてしまったのよー!」

ワー

ウテナ「え?」

キーン

ワー

幹・ウテナ「うわああ!」

七実「キャー」

バシッ

石蕗「うっ!」

ぴょーん

七実「石蕗!」

ウテナ「石蕗君!」

シュッシュッ!

石蕗「守らなきゃ……僕が、七実さんを、守らなきゃ」

ウテナ「このー!」

バーン!

ウテナ「うわっ!」

幹「天上先輩!」

ウテナ・幹「うわわわわわわ」

カンッ

ぶぎっ

石蕗「他の人に手を出すな!」

ウテナ「石蕗君」

石蕗「来い!貴様の相手はこの僕だ!」

石蕗(ぼくは七実さんのお兄様になるんだ
七実さんのお兄様に、僕が)

バッ

石蕗「七実さん!」

七実「馬鹿ね逃げるのよ!」

石蕗「でも!」

七実「お兄様はお兄様、石蕗は石蕗よ!」

七実「こんなことであなたが死んでも、わたくし、泣いてなんかあげないからね!なぜって?それはね石蕗、あなたはわたくしの大切な僕。こんなことで壊すわけにはいかないのよ!」

七実「ひぃぃぃぃぃ、ひぃぃぃぃぃぃ!」

桐生「はっ」

バッ!

ドガッ

石蕗「ああ!」

カン、カン、カーン

カン、カン、カン

チュチュ「チュッチュチュ」

うわーーーーーー!

七実「お兄様、来てくれたんですね!」

桐生「少々、いたずらが過ぎるな、七実」

アンシー「ウテナ様ー、薔薇園の害虫退治、終わりました〜」

幹「温室が立ち入り禁止になっていたのも、殺すの殺さないのの話も、全部虫の話だったんだよ」

七実「お兄様……
石蕗」

石蕗「はい」

七実「別れましょう、わたくし達」

石蕗「はい!
別れて、七実さんのうちの養子になります!お兄様はだめでも、弟にはなれるかも!」

七実「やっぱり、わたくしにはお兄様しかいない……!」

ウテナ「桐生冬芽、やっぱり只者じゃない」

桐生「フッ」

次回予告

ウテナ「その彼女の裏の顔を知っている者は、決して10メートル以内に近づかない」

アンシー「誰のことです?」

ウテナ「生徒会メンバー、有栖川樹璃」

ウテナ「ええ!僕の薔薇の刻印を捨てろって!?それは出来ない!これは大切な人とのたった1つの絆なんだ!有栖川先輩こそ、何故決闘なんてやるんです?」

アンシー「あなたは奇跡を信じますか?」

ウテナ「次回、少女革命ウテナ、見果てぬ樹璃」

アンシー「絶対運命黙示録」