第8話 イントッカービレ(acte I)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2体の石像

ボボッ

霧香「NOIR。 そは 古(いにしえ)よりの定めの名
死を司る2人の乙女
黒き御手は嬰児(みどりご)の
安らかなるを守りたもう」

ブシュッ

男「メキシカンの連中は、もうニューヨークを取った気でいるらしい」

男B「ん?」

男「メキシコからは、尽きることなく兵隊達が密入国してくるだろう。これ以上、黙っている訳にはいかない」

男B「連中は失うものがない。かつて我々の祖先がそうであったように。この世界では植えた者が強い」

男「しかし、ドン・グレオーネ」

男B「分かっている。我々の父や兄が血を流して手に入れた土地を守る。それが名誉ある男の義務だ」

男「おお……では」

男B「メキシカンは叩き潰す!コーザ・ノストラの名の元に」

男「ドン・グレオーネ。それでは」


男B「ん?」


男B「うぉぉ!」

護衛達「うおぁ!」


ミレイユ「マフィアは自分たちのことをマフィアとは呼ばない。シシリア移民の彼らは自らをコーザ・ノストラと呼ぶ。依頼人はアレを握っている。この橋は渡るしかなかった」

霧香「依頼は果たした。でも私達は、まだあれを、約束の契約書を受け取っていない」

ミレイユ「段取りはついているわ。グレオネファミリーの契約書。やっと見つけたソルダの手がかり。何が書かれているのか、楽しみね」

霧香「うん」


男達「ドン・サルバトーレ!」

老人「リカルドは」

男「ハッ」

老人「シシリアから、イントッカービレを呼べ」

男「イントッカービレ」

老人「そうだ」

男「しかし、それは……!」

老人「呼ぶのだ。今すぐにだ!もはや躊躇している時ではない!」


女の子「ねー、お姉ちゃーん!」


ミレイユ「へー、そうなの。うん、で、他には?……え!?」

霧香「うん?」

ミレイユ「ううん、別に。なんでもないわ。ええ、ありがとう。また何かあったら教えてちょうだい」

霧香「どうしたの?」

ミレイユ「なんでもないわ」

ミレイユ(イントッカービレ)


シルヴァーナ「私には、恐れはない」


老人B「おお」

老人C「イントッカービレ」

老人「おお!我がイントッカービレ!
5年前、お前は実の父を殺した。お前の父は沈黙の掟、オメルタを破った。お前は当然のことをしたのだ。グレオネ家の血を、最も色濃く受け継ぐ者、おお、我が孫シルヴァーナよ。儂はお前をシシリアに封じ、お前もまた何も言わずそれに従った。時代は変わった。あまりに早く。コーザ・ノストラの名誉を守れる者はにはやお前しかない。ホンミッショーネの名誉ある委員達が見届けてくれよう。グレオネファミリーの全ての力は、今よりお前に委ねられる。
取るがいい。お前が父を刺した探検だ」


老人「うおお……!そうだ、それでいい。お前の自由を奪い、ファミリーの威信をも失墜させた責任は儂にある。愛しているよ、シルヴァーナ」

シルヴァーナ「おじいさま……私も、愛しています」


ミレイユ「フンフーン♪フンフフーン」

霧香「あ、ミレイユ」

ミレイユ「イントッカービレ。聞いたことある?」

霧香「うん。犯すべからず者、イントッカービレ。決して手を出してはならない存在」

ミレイユ「あたしは。あたしはその人を知っている」


ミレイユ「シシリアの有力者とも親交があった父はある時、あたしを連れてシシリアを訪れた。そこへ、ドン・サルバトーレが顔を出した。シルヴァーナ・グレオーネ。世界で最も凶暴な姫君」


シルヴァーナ「ドン・ルッシュを暗殺した者は、明らかにドンの行動予定を知っていた。身内に裏切り者がいる。お前だ!リッツ。お前はメキシカンと手を組み、ドンを売った」

男「殺せー!」

シルヴァーナ「シシリアの格言にある。流された血は、血にて洗うべしと」

キャー!

男「うわー!やめてくれ……ああそうだ。俺だ!俺が頼んだ。NOIRに」

シルヴァーナ「NOIR……」

男B「これを……」

男「役にも立たない、大昔の契約書だ。NOIRはこれを欲しがっている。何故かは知らない。本当だ。だが……やめろ!やめてくれー!」


ミレイユ「パウロ。ドミニスク。フランチェスコ。聖人の名前を持つ3人のマフィオース。シシリアの中では知られた、あの3人が、イントッカービレの前に馳せ参じた」


シルヴァーナ「私には……恐れは……ない!」


フランチェスコ「それは?」

シルヴァーナ「NOIRは、これと引き換えにドン・ルッシュの殺しを請け負ったらしい」

パウロ「NOIRか」

ドミニスク「へっ、リッツめ。流石に一流どころに頼んだな」

シルヴァーナ「ドン・ルッシュの落とし前をつける。それが新たにファミリーを率いる者の、義務だ」

パウロ「フッ」

フランチェスコ「では、こちらから仕掛けますか?」

シルヴァーナ「その必要はない。これを握っている限り、必ず向こうからやって来る」

フランチェスコ「なるほど」

シルヴァーナ「だが、多少は来やすくしてやった方がいいだろう」

パウロ「分かりました」


ピンポーン

霧香「あっ」

ミレイユ「依頼人が、殺られた」

霧香「契約書は、シルヴァーナの手に渡ったのね」

ミレイユ「間違いないわ。シルヴァーナは、あの3人を連れて、ニュージャージーの別荘に移った」

霧香「私達を、誘っているのね」

ミレイユ「誇りにかけてもNOIRを処刑する。それがあの人の生まれ持つ血よ」

霧香「どうするの?」

ミレイユ「犯すべからず者、イントッカービレ。あの人には勝てない……あの人にだけは……」

霧香「ミレイユ」

ミレイユ「分かっている。私達はやるしかない」


パウロ「フッ」


フランチェスコ「主は生きる者全ての慈悲を説かれた。だがイントッカービレに手を出す愚か者だけは、主もお見捨てになるだろう。身の程知らずが!」


霧香「ハッ……えいっ!」


ドミニスク「仕留めたか」

パウロ「NOIR……噂以上の相手だ」


霧香「ハッ、ハア、ハア、ハア」


シルヴァーナ「来たか」


ミレイユ「ハッ!いやああああ!」


パウロ「レディ・シルヴァーナ、 NOIRの顔は見ましたか?」

シルヴァーナ「いや、見えなかった」


ミレイユ「やり損なった。いえ、やれなかったのよ、私は」

霧香「顔は、見られたの?」

ミレイユ「分からない。分からないわ」


シルヴァーナ「私には、恐れはない。あなたはどうなの?ミレイユ」