七種の滝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七種の滝1
なずな「あれぇ。道に迷っちゃったのかなぁ。」
主人公「どうしたの?こんなところで。」
なずな「あ?ちょうど良かった。養老の滝ってここでいいんだよね?」
主人公「ここは七種の滝よ…。」

七種の滝5
ふうこ「ニンニン。」
主人公「あなた?」
なずな「あっはっは。変なカッコ。」
ふうこ「拙者は忍者でござる。来るべき時に備え、この滝で修行中なのでござる。」
主人公「来るべき時?」
ふうこ「戦乱の時代がもうすぐ幕を開け、世の中が乱れ始めるのでござる。」
主人公「ねぇ、あなたの力貸してくれない?怪物たちのせいで今も十分乱れていると思うの。」
ふうこ「・・・分かったでござる。では今からおぬしが私のあるじでござる。」

七種の滝10前
なずな「やっぱりここの水じゃ駄目かぁ。」
なずな「せっかくおとっつあんに美味しいお酒をあげられると思ったんだけどなぁ。」
主人公「それじゃあ養老の滝まで一緒に行かない?」
なずな「それは助かる。ここまで一人で来るのもけっこう大変だったんだ。」

七種の滝10後
ふうこ「さっきの竜は一体何だったのでござるか?」
主人公「私たちの敵よ。あいつを倒さなきゃ日本は救えない。」
ふうこ「では拙者も世を救うため、あるじについていくでござる。」

※七種の滝9はLv31にならないと進めない。