元伊勢大樹


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10つのステージからなる場所

元伊勢大樹1
主人公「花の化身たちが言ってた友達ってどこにいるんだろう?」
らん「彼らの記憶を辿っていくしか無いな。」
主人公「どんな記憶?」
らん「とても辛そうな感情が伝わってくる…。」

元伊勢大樹4
らん「ごめんなさい。」
らん「わざとじゃなかったの。」
らん「こんなことになるなんて全然知らなかった…。」
らん「私が紅蓮の根を断てば、彼女たちが私の代わりにここに存在する。灯火が道を照らし、私は永遠にあなたたちを見守るでしょう。」
主人公「どういう意味!?」
らん「これだけでは何とも…。」

元伊勢大樹6
翼竜「ギャギャギャ、しつこいぞ。」
翼竜「余計なことをするなと言っているだろう。」
翼竜「オレ様は主を元の姿に戻すのだ!」
らん「くっ!彼らの記憶が読めない…。」
翼竜「主の願いを叶えるためなら、いつでも邪魔しに来るぞ。ギャギャギャ。」

元伊勢大樹10前
翼竜「もうすぐ主の願いが叶う。記念に少しだけお前たちに教えてやろう。」
翼竜「オレ様は人類が生きようが死のうがどうでもいい。」
翼竜「だが主を元に戻すためには大量の負のエネルギーが必要だ。」
翼竜「我が主のために死ねることを光栄に思え。」

元伊勢大樹10後
さくら「次は丹波の国へ行ってみようよ。」
主人公「どうして?」
さくら「美味しい食物があるんだよ~。」


+ 敵配置