若狭国港


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

若狭国港1
さくら「わぁ~、海だ~。泳ぎたいな~。」
りん「遊びに」来たんじゃないのよ。
さくら「でも人がほとんどいないよ?」
さくら「みんなどこかに隠れちゃったのかな。」

若狭国港5
りん「あ?まだ人がいたのね。」
みき「私に何か用?いそいでいるんだけど。」
りん「ここの人たちどこに行っちゃったのか知りませんか?」
みき「私も今来たばかりだからしらないわ。」
りん「もしかして海の向こうから来たの?」
みき「そうよ。私はとある竜を追って来たの。この国にいるんでしょ?」

若狭国港10-初
翼竜「ギャギャギャ、まさかお前が追ってくるとはな!」
みき「もう逃がさないわよ。これ以上好き勝手にはさせない。」
りん「何か方法があるの?」
みき「私の国に伝わる秘術を使えば、こいつを封印することができるわ。」
翼竜「ギャギャギャ、この国でその術が使えるのか?」
みき「・・・。」

若狭国港10-終
主人公「さっき言ってた術のこと、本当なの?あの竜を封印できるって。」
みき「ええ。でもすぐには使えない。準備が必要なの。」
主人公「準備?」
みき「術の発動に適した場所を探さないといけない。あとは歌。」