ビジネス > 組織論 > 自分がいなくてもまわるチームをつくろう!/山口正人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出典: パーソナル百科事典『マスペディア(Masupedia)』


自分がいなくてもまわるチームをつくろう!
山口 正人 豊田 圭一
明日香出版社/クロスメディア・パブリッシング(発行) (2008/01/17)
売り上げランキング: 118232
おすすめ度の平均: 4.0
5 自分でビジネスをするなら大切なこと
3 中身は薄い
4 着想は正しい

概要・考えたこと要約


  • ルーチンワークなどの業務の8割程度にあたる部分はマニュアル化し成果を均一化する
  • その他2割の非定型的業務に関してはミッションやビジョンを共有することでなるべく結果を均一に
  • 丸投げではなく任せることで各自が責任を持ってやる気持ちを作る
  • 会議とは「備えて会し、会して議し、議して決し、決しを律し、律して成す」ことと意識する

キーワード・キーフレーズ


  • 不在のマネジメント::Management of Absense
  • チームという名前を使う→誰もが部外者にならず、同じ立場で同じような義務と責任、一つの目的
  • リーダーとは、常に物事を最短距離でシンプルに、ぶれない
  • 苦い思い出。リーダとしての自覚なく、同じようにプレーヤーとして仕事、任せると言い放任
  • リーダーの責任::リームの成果への責任
  • リーダーがすべきこと::仕組みづくり
  • 組織に一番大事なこと::ルーチンをきちんと確実に
  • マニュアルの管理、チェックをする人の必要性
  • ユダヤ人は、子供に一つの問題に対し考えられる限り多くの答えを出させる教育をする
  • リーダーは会議前に自分なりの結論を出しているべき
  • 相手にどれだけ得を与えたかで、どれだけの得が得られるか決まる

コメント


  • それほど新しい発見はなかったけど、考え方は好き -- masato (2008-03-31 14:31:45)
名前:
コメント:

目次


第1章 あなたの本当の仕事は何ですか? セルフ・マネジメント
第2章 新しいビジネスを考える時間を生み出す タイム・マネジメント
第3章 メンバーが自分で考え動くようになる チーム・マネジメント
第4章 日常業務をマニュアル化する ルーチンワーク・マネジメント
第5章 会議でチームのビジョンを示す ミーティング・マネジメント
第6章 だれが欠けてもまわるチームをつくる MBA(不在のマネジメント)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

※注:
このサイトはWikipediaではありません(笑)

ナビゲーション


リンク



ヘルプ




新着記事

取得中です。