※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 息が白く凍る寒い朝。
眠いながらも通勤のためバス停へ向かう。
いつもより家を出たのが遅かったのか、バスがもうハザードを
出して留まっている。
ダッシュしてバス停に着くやいなや、非情の発車クラクション。
バス停の時刻表に鉄拳パンチを喰らわせてやろうと思ったが・・・。


 帰宅、その夜。


東ピョンヤン、マフィア本部前で向かってくるバスにRPG。
チッチーン