※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Micethonとは?


いわゆるメイカソンです。
MiceのOBOGと現役生が仲良くなるきっかけに、企画されたものです。
技術力の向上にもなればさらにうれしいです。


第1回Micethonのお知らせ


以下、すべて予定です。
こうしたほうがいいんじゃないか、などご意見あればいただきたくお願いします。

  • 日時   :2015年 12月26日、27日の2日間
  • 場所   :東京理科大学金町キャンパス
  • 対象   :Mice現役生(1・2年生歓迎、技術力問わず)/OBOGの皆様(マウス作ってない人も歓迎)
  • 募集人数 :6~20人(予定)
  • 持ち込み :工具など、ロボットに組み込まないものは制約なく持込可。
       部品、装飾などは5000円相当まで。個数自由。
       自作プリント基板系は持ち込み禁止(市販されているモジュールは金額内なら可)
       NCなどによる工作物は2点まで持ち込み可。
       参加費はロボット代3000円。(1チーム12000円の予算となる予定、交通費もそこから捻出)

  • 当日の流れ:  1日目
           8時50分現地集合
           チームをくじ引きで決定(3~5人を想定)
           ルール詳細をくじ引きで決定
           評価基準をくじ引きで決定
           予算決定(1チーム12000円)
           自己紹介/相談/設計/買い物開始

         2日目
           17時から競技開始
           希望者で打ち上げ

  • 競技内容


     :(案)マイクロマウスの5*8の迷路を用いて、長編のみに柱・壁を設置し、短編と内側は何もなし。
          ロボットは常に短辺から3区画以上相手側の区画に侵入してはいけない。

          40mmのピンポン玉(白)を使用。基本はPKのルール。
          ボール位置は自エリア内のどこにおいてもよく、板についていない場合(ロボットに乗せるなど)は得点数-1とする。
          お互いのチームは先行・後攻を決め、競技開始。
          持ち時間は一球1~3分(※)、を1ゲームとし、両チーム5ゲームずつ行う。
          両チームの準備が完了した時点で計測開始。
          ボールが迷路の最終区画を完全に通過、もしくは持ち時間が終了した時点で1ゲーム終了とする。
          防御側は柱2本壁1枚のセットで、相手エリア以外の任意の位置に壁を設置してよい。変更は不可。

          ロボットのサイズは15cm~25cm(※)角以内とする。高さも同様。
          変形する場合も上面からの東映時に上記制約内にあること。
          複数台のロボット使用可。2台のロボットが同時にサイズ制約の中に納まること。重ねるのは禁止。
          ロボットの重量は1台当たり0.5~2kg(※)以内とする。

          人間が遠隔操作をするのも可。ただしその場合操作者は目隠しをしなくてはならない。
          優先でロボットをつなぐ場合はケーブルが競技を阻害することのないようにしなくてはならない。

          ロボットは相手側を向いて最も右手前の区画に置いてスタートすることとする。

          得点数×Kp(6~12※) + 自律性(10~30※)+ エンターテイメント性(評価点が足して100になるように) =評価点
          得点以外は観戦者によって決定される。

          (※)の箇所は当日あみだくじ等で決定





     :(廃案)ペットボトルの取り合いゲーム
          マウスの迷路を使い、自陣ゴールと相手陣ゴールエリアを決定、
          フィールド上に置かれた複数のペットボトルを自陣ゴールエリアに
          持ってきた数が多いチームが勝ち。
          人間による無線/有線操作可
          複数台ロボット可、相手の妨害可


名前:
コメント:
添付ファイル