※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「道理 証文よりも 現証にはすぎず」 功徳は歓喜を呼ぶ 皆に希望を広げる。 功徳満開の語らいを!

四条金吾殿御返事 P1117 『法華経の信心を・とをし給へ・火をきるに・やすみぬれば火をえず』

★「8.24」を記念 名誉会長が壮年部の友へ和歌 走り抜け  師子の如くに   勝ちまくれ  師弟不二なる   長者の君なば

◇四季の語らい 信念--。本当に信念に生きるならば、たとえ、どのような苦しい迫害にあおうとも、微動だにしない。堂々と自己の信念を表明し、信仰に殉じていくことである。

◇今日のことば365 成長期にある、人間の好奇心というものは、おさえようとしても、おさえきれるものではありません。かえって、おさえれば、おさえるほど、はげしくなるものです。戦争中の、めぐまれなかった私たちが、勉強したくてたまらなかったのも、そのひとつのあらわれでしょうし、それは、いつの時代も、変わらないものだと思います。

☆各部代表協議会でのスピーチ 誠実に語る正しき道理が、人間の心を打たないはずがない。 命を賭した信念の正論が、民衆の生命に響かないはずがない。

対話の波で、一人また一人、友をつくり、味方を広げた。 弁論の剣で、敵を責め、邪悪を倒した。 そして、同志もまた「声」をあげて戦えるように励まし、勇気と確信と執念を贈っていったのである。 『声仏事を為す』 この「声」は仏様の呼吸であり、音声である。「声」によって仏様の仕事を為すことができるのである。

「新しい前進」--それは特別なことではない。「新しい息吹」で、「新しい声」を発するところから始まるのだ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー