風のドレイク/Wind Drake

オアリムはジェラードを冷たく見つめ、「あなたはドレイクにそっくりね」と表情を変えずに言った。「ドレイクは地位を守るために大変な努力をするけど、我々から見るとそれがむなしく上滑りしているわ。あなたも同じでしょ」

Orim regarded Gerrard coolly. "You are like the drake," she said, her expression unchanging. "It works hard to maintain its position, but to us it seems to glide along effortlessly. You must do the same."

テンペスト

自分の翼ではばたくかぎり、どんな鳥も高く飛びすぎることはない。
――ウィリアム・ブレイク「天国と地獄の結婚」

"No bird soars too high, if he soars with his own wings."
――William Blake, The Marriage of Heaven and Hell

ポータル 第6版

"No bird soars too high, if he soars with his own wings."
――William Blake, The Marriage of Heaven and Hell

スターター

空高く彼女は飛ぶ、大気と光の中を、
あらゆるものを飛び越えて。
その飛翔をさえぎるものなく
その行く手を曇らす影なし。
――トーマス・ムーア「我に翼あらば」

"But high she shoots through air and light,
Above all low delay,
Where nothing earthly bounds her flight,
Nor shadow dims her way."
――Thomas Moore, "Oh that I had Wings"

第7版 第8版 第9版

ドラゴンの小さな従兄弟であるドレイクは、彼らを空からの目や耳として用いている強力な魔術師の脇に仕えていることがよくある。

A smaller cousin to the dragon, drakes are often seen at the side of powerful wizards who use them as airborne eyes and ears.

基本セット2010 基本セット2013

都市の回廊を吹き抜ける気流が風のトンネルを生み、都会のドレイクはこれによって加速を得て獲物に襲い掛かる。

Air currents whip through the city corridors, creating wind tunnels that accelerate urban drakes toward their prey.

ドラゴンの迷路




名前: