アンデッドの王/Lord of the Undead

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は死神と対等に付き合ってるんだ。あんたは私を傷つけるために何ができるというのかね。
――ドラルヌ卿

"I confer with Death itself. What could you possibly do to injure me?"
――Lord Dralnu


私は死神と対等に付き合ってるんだ。あんたは私を傷つけるために何ができるというのかね。

"I confer with Death itself. What could you possibly do to injure me?"


私は死神と対等に付き合ってるんだ。 お前は私を傷つけるために何ができるというのかね。

"I confer with Death itself. What could you possibly do to injure me?"


死すとも嘆くことはないのだ、愛しき者よ。 死すれば、さらに偉大なる者に仕えることになる――我だ。

"Do not weep at your defeat, my dear. In death, you will serve a greater purpose――mine."