魂の饗宴/Soul Feast

ダヴォールの食事の招待に2度目も応じるという者は誰もいないので、エヴィンカー・ダヴォールはたいてい一人っきりで食事をする。

As no one has ever accepted a second invitation to Davvol's table, the evincar often dines alone.

ウルザズ・デスティニー

Evil often dines alone.

スターター

魂ほど美味いものはない。

You are who you eat.

第7版 第8版 第9版

生ある者の血の匂いがする。皮膚の下を滑る濡れた音が聞こえる。その招きに私の飢えが逆らうことなどできぬ。
――センギアの吸血鬼ユーリ

"I smell the tang of a mortal's fresh blood. I hear it sliding wetly beneath its skin. My hunger cannot refuse the invitation."
――Yuri, Sengir vampire

第10版




名前: