雪花石の麒麟/Flying, vigilance

麒麟の出現は、重要な人物の通過または到来を告げる。その目撃の噂が広まるにつれ、すべてのカンたちはそれは自分のことだと受け止めた。それがサルカン・ヴォルであると考えたのは、シャーマンのチアヌルだけであった。

The appearance of a kirin signifies the passing or arrival of an important figure. As word of sightings spread, all the khans took it to mean themselves. Only the shaman Chianul thought of Sarkhan Vol.

タルキール覇王譚




名前: