拒絶/Abjure

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーテイが自分の長所を延々と並べたてるのにつき合わされるうち、ミリーの首のまわりの毛が逆立ってきた。「このままこの生意気なぼうやが黙らなかったら」ミリーは小さくうなった。「ぜったい、殺してやる」

Mirri's hackles rose as Ertai continued expounding his virtues. "If that arrogant brat doesn't shut up soon," she growled to herself, "I'm going to have to kill him."