クロヴの悪漢/Krovikan Scoundrel

クロヴに生き残ったわずかの人々は、冬と死に至るほどの寒さが戻ってくるのを歓迎していたことだろう。彼らはしばしば北方を眺め、雪の領域が自分達の墓と化した病の蔓延した都市に届くことを願っていた。

The few surviving humans of Krov would have welcomed the return of winter and its sterilizing cold. They often peered northward, hoping that the snow's edge had reached their infested city-tomb.

コールドスナップ




名前: