死の守り手、セックァー/Sek'Kuar, Deathkeeper

カープルーザンの伝説によれば、あまりに残忍であったために、怒りのあまり自分の信奉者達を焼いてしまったオークがいるという――その崇拝も深かったため、彼らは炎の中から立ち上がって彼に仕えたそうだ。

Karplusan legend told of an orc so cruel that he burned his own followers in rage――yet so revered that they rose from their pyres to serve him.

コールドスナップ

オークたちは、セックァーがいまだにカープルーザンの山で生き続けており、死者の軍団を集めて復讐を遂げようとしていると信じている。

The orcs believe Sek'Kuar still lives in the Karplusan Mountains, gathering his dead army, intent on revenge.

統率者2013




名前: