苦しめる声/Tormenting Voice

「不愉快な思考が私の精神を圧迫する。これは私の狂気によるものなのか、それとも誰か別の者の囁きなのか?」
――サルカン・ヴォル

"Unwelcome thoughts crowd my mind. Are they my own madness, or the whispers of another?"
――Sarkhan Vol

タルキール覇王譚 コンスピラシー:王位争奪

嘲ける笑い声がウギンの心の中を響き渡る。ニコル・ボーラスが次元間を好き放題にまかり通っていた間、彼は何百年打ちひしがれて眠っていたのだろうか?

A mocking laughter echoed in Ugin's mind. How many centuries had he slumbered, stricken, while Nicol Bolas moved unchallenged among the planes?

タルキール龍紀伝

「声はますます大きく、批難は怒りに満ちた強烈なものになってきた。朝までには他の音は耳に入らなくなるだろう。私はどうなるのだろうか。」
――廃屋敷で見つかった手紙

"The voice has grown louder, its accusations angrier and more insistent. By morning, it will likely drown out all else. I fear what I will do."
――Letter discovered in an abandoned estate

イニストラードを覆う影

「お前は来世にふさわしくない。お前は王神の受容を感じないだろう。」

"You are undeserving of the afterlife. You will never feel the God-Pharaoh's embrace."

アモンケット




名前: