ドラゴン・エンジン/Dragon Engine

Those who believed the city of Kroog would never fall to Mishra's forces severely underestimated the might of his war machines.

アンティキティー リバイズド

クルーグの街がミシュラの軍勢の手に落ちないと信じていた人々は、ミシュラの戦争機械軍団の実力をまったく過小評価していた。

Those who believed the city of Kroog would never fall to Mishra's forces severely underestimated the might of his war machines.

第4版

車輪付きのエンジンより、脚付きのものの方がずっと生き生きして見えるのはどうしてだと思う?単純なことだ。脚付きのやつらは造られたのではなく、生まれてきているからだ。
――ミシュラ

"How is it the legged engines seem so much more alive than their wheeled counterparts? Simply, they were born, not made."
――Mishra

第5版 第6版




名前: