地平の探求/Seek the Horizon

我、この偉大なる地をあらゆる方向より見ぬ。 樹も、石も、川のうねる様もすべて知りたり。 しかれども、そを知ることはそを癒すこととは異なるもまた事実。
――梓日記

"I've seen this great land from every angle. I know its every tree, stone, and river bend. Yet I have come to realize that knowing a thing is not the same as healing it."
――Diary of Azusa

神河救済

ガラスと石でできた垂直の建物が林立するラヴニカの街並みからは、地平線がわずかに顔を見せるのみである。

Raked by vertical spikes of glass and stone, Ravnica's vistas offer only a rare glimpse of the horizon.

ラヴニカへの回帰

ティムールの者たちはちらつく光を「囁きの道」と呼んでおり、それらは祖先の知識に続いているものと信じられている。

The Temur call the flickering lights the Path of Whispers, believing that they lead the way to ancestral knowledge.

タルキール覇王譚




名前: