臭鬼/Fetid Horror

ウーザークの路に斥候に出した六人のうち、戻ってきたのはただ一人。自分の目と鼻をかきむしり、恐怖にすすり泣くばかりだった。彼女が何を見たのか気になったが、我々は別の道を行くことにした。
――斥候、エケメットの最後の日誌

"Of the six who went down the Uuserek Trail to scout ahead, one returned. She clawed at her eyes and nostrils and sobbed with horror. I was curious about what she saw, but we chose another path."
――Scout Ekemet, final journal

ミラージュ




名前: