ヴィダルケンの放逐者/Vedalken Dismisser

溝ネズミ並みに静かにあいつに忍び寄ったんだ。次に気がついたときには、ブリキ通り市場の裏手の便所の中で倒れてたよ。
――ディミーアのスパイ、シリスラフ

"I crept up on him, quiet as a guttermouse. And then suddenly I found myself facedown in a latrine pit behind Tin Street Market."
――Sirislav, Dimir spy

ラヴニカ:ギルドの都




名前: