ヤヴィマヤの接ぎ穂/Yavimaya Scion

鋸の刃が当たるたびに、木はそれを吐き出した。

Each time the saw blade bit, the tree spat it out.

ウルザズ・レガシー




名前: