彩色の灯籠/Chromatic Lantern

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディミーアの魔道士は灯籠をうまく使い、異質のマナから多相の戦士や潜伏工作員を生み出している。

Dimir mages put the lanterns to good use, creating shapeshifters and sleeper agents from mana foreign to them.


It exemplifies the motto of the Luminary League: "Innovation requires insatiable curiosity and a good source of light."


ギルドの伝統により、多色の光が落ちる石畳は中立地域とされる。

By guild tradition, any puddle of multicolored light on the cobblestones can serve as neutral ground.





「Kaladesh Inventions」編者私訳
月光会の標語「革新は尽きせぬ好奇心と明るい光から」の実証。