リリアン女学園付属図書館 「山百合会劇・衣装部買い出し編 ~綺羅視点~ Act5」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山百合会劇・衣装部買い出し編 ~綺羅視点~ Act5

三条 綺羅



次は王様。
ひめ乃さんもイメージがあまり無いらしく悩んでいる。
「ひめ乃ちゃん?頭いたい?林檎食べる?」
朔耶さま、何故鞄から林檎が・・・。
思わずひめ乃さんと顔を見合わせてしまった。
鞄から林檎が出てくれば誰でも驚くだろう。
「いえ、頭痛ではないんですよぉ」
ひめ乃さんは苦笑しながらお断りしていた。
「そうだよね、ここで食べるわけにもいかないし。林檎見たら日向ぼっこしたくなってきちゃった」
朔耶さまはやっぱり不思議な人だ。

ふと、演劇部時代の衣装を思い出す。
「王様ならやはりファーのついたマント、そう思いませんか?」
「綺羅さま、それナイスアイディアです。では金色の合皮にフェイクファーを縫い付けてマントにしましょう」
「王様っていったらちょうちんみたいなズボンですよね、ひめ乃ちゃんあれ作れますか?」
「あ、はい。シャーリングを寄せればできますよ」
にっこりと答えるひめ乃さん。
・・・シャーリングってなんだっけ?

「では中は詰襟のようなジャケットに王子と同じく、金のブレードを縫い付けて、色は赤の綿素材いいですよね、中ならマントに隠れてあまり見えませんし、安くあがった方がいいですから」
「そうですね、聖香さま女らしいですし、中は赤がいいと思います。中の服はあまり見えませんからね」
「うんうん」
頷く朔耶さまとひめ乃さん。
王様用の生地は2m

現在総計:24m50cm