リリアン女学園付属図書館 「山百合会劇・衣装部買い出し編 ~綺羅視点~ Act6」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山百合会劇・衣装部買い出し編 ~綺羅視点~ Act6

三条 綺羅



カラボスといえば黒のロングドレスということで3人とも意見が一致。
「京さまのカラボス素敵でしょうね」
ひめ乃さんも同じことを思ったらしい。
綺麗な人の悪役はかなり似合う。
「うん、京さんなら美人だし、綺麗な人は悪役も綺麗にハマりますよね」
同じ剣道部の同級生と言うこともあってか、より一生懸命生地を探し始める朔耶さま。

しばらく三人で生地を探していると、
「ひめ乃ちゃ~ん、これいいと思いませんか?ベロアです!」 
「黒のベロア、いいですね。光沢もありますから、舞台映えしそうですし」
「では魔女らしく、シンプルで少し胸があいたスクエアカット、そしてダーツだけ入ったロングドレスに致しましょう」       
黒のベロアのロングドレス。
きっととても舞台映えするだろう。
しかし、やっぱり高い。

その点について悩んでいたら、店長らしき人に話し掛けられた。
「お嬢ちゃんたち、リリアン女学園の生徒だね。学園祭の劇のために毎年生徒さんたちが来るんだよ。こんなにたくさん買ってくれるなら、その生地全部半額にしてあげるよ。実はうちの姪っ子がリリアンの中等部に通っててね。」
取り置き用スペースに山積みの大量の生地を見ながら、笑顔でそう言ってくださった。
「本当にいいんですか?半額だなんて・・・」
三人で顔を見合わせる。
「申し訳ないですよ、でも本当にいいんですか・・・?」
安くなるのはとてもありがたいけど、半額なんて申し訳ない。
「それくらいで店が潰れたりはしないし、今回だけの特別サービス。男に二言はないよ」
にっこりとして店の人はそう言って下さった。
3人は何度も頭を下げ、お礼を言った。

結局、黒のベロアは2m購入。

現在総量:26m50cm

とうとう25mを越えた。
プールの縦幅よりも長い、などと思ってしまった。