リリアン女学園付属図書館 「午前の部」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

午前の部

正木 聖香



聖香は、はりきっていた。運動はけっして得意なほうではないのだが
リリアンの体育祭は、50メートル走などの個人競技より、みんなで
手を取り合いながら進める団体競技が多いので、楽しみがいっぱいだ。
でも、去年の体育祭では、色別リレーで最初のランナーをつとめたが
いきなり遅れを取ってしまい、みんなの足を引っ張ってしまったことは
忘れる事はなく、秘かに今年の色別リレーでのリベンジを誓っていた。

さっそく、最初の参加競技「玉逃げ」だ、やはり優勝候補は松組が主体で
構成されている緑組。玉逃げも運動神経抜群の、央さんにカゴを担がせて
必勝体制である。紫組の2年は作戦会議を行った結果、緑組に勝たないと
優勝の可能性はないので、央さんのカゴを集中的に狙うという作戦を紫組は
取ることを決める。しかし、これがあとになって無謀な作戦だったとはわからずに……
競技スタート、紫組の3人はさっそく央さんを集中的に狙って玉を投げたが
そこは、央さん!普段のテニスでは玉を捕らえるのが上手いのに、今日は
華麗に逃げてまわる。おもわず、応援席のつなみ先輩は忍ばせていたポケットカメラで
シャッターを切っていたほどだ。央さんの見事な動きに見とれてるうちに競技終了
紫組は、最下位に終わってしまった。
私はおもわず、「央さんが舞っている……」と呟いた。

リリアンの校庭が一段と華やかになった、各組の応援合戦がはじまったのだ。
紫組は、伝統の「藤娘」を今年もやることになったのだが
衣装作りや振り付け等に、結構苦労したのだった。特に衣装は前日の遅くまで
かかって、寝不足気味の人もいるほどだ。塗り傘は、美術部の部長でもある
団長の林檎さまデザインで、紙でできたとは思えないほどの出来栄え
さあ、みんなで衣装に着替えて出番を待つ。まず芽衣子がいる赤組からだ
赤組の今年のテーマは「カルメン」だ、始まる前に何度も「恥ずかしい」を
繰り返していた、芽衣子だが始まってみると。まんざらでもない
同じクラスの春菜さんと楽しそうに踊っている、唇にくわえた真っ赤な花も
眩しかった。会場からたくさんの拍手が鳴った。そして次は緑組の番
京様、央さんを中心に学ラン姿での応援である、会場は瞬く間に黄色い歓声で
覆われた。「この、後じゃやりにくい……」と思わず漏らしていると、林檎さまが
「ここまで頑張ってきた、すべてを出しましょう!」と激を飛ばされた。
紫組は、みんな一生懸命舞った。私は、裾に引っかかってこけそうになったり
したが、なんとか踊りきった。会場からもたくさん拍手をいただき、芽衣子はピースサインを
送ってくれた。このあとも、サンバあり芝居仕立てあり、楽しい応援合戦が続いた。

そうこうしてるうちにクラブ対抗リレーの時間がやってきた、我が写真部の
メンバーはピカピカの新入部員・2年松組の今岡栗実さん、3年藤組のつなみ先輩、そして私は
なんと、アンカーをまかされてしまった、責任重大である。バトンについて私は、望遠レンズを
提案したが、もし落としたら大変なことになると、つなみ先輩に諭され
使い捨てカメラに落ち着いた。最初のランナーは栗実さん、普段、体育は得意とあって
なんと、いきなりトップで、2番手のつなみ先輩にバトンパス!つなみ先輩は
胴着を着用されて、苦戦を強いれられてる。剣道部に追い上げれられながらも
トップで、アンカーの私にバトンが回ってきた、剣道部と写真部の一騎打ちとなったアンカー対決!
剣道部のアンカーの京様が、怒涛の勢いでせまってくるのがわかった。
私は、全力で逃げた。京様は胴着の重さもなんのその、ひたひたと迫ってくるのが
聞こえていた、それでも逃げた!そして、ゴール。ほぼ同時にテープをきった
私と京様。そして、なんと写真部は優勝を飾った!まさしく大穴とはこのことだろうか。
京様にも「聖香、よく頑張ったわね。すごかったわ!」と声をかけられ
お互いの健闘を称えあった。 後日、栗実さんからゴール直前の写真を
もらったのだが、私は、自分でもみたことのないような顔をしていた。
胴着姿の京様から、追われる写真は一風変った写真だが、私のアルバムに一生忘れられない
一枚として残るだろう。写真部みんなで勝ち取った、人生ではじめての1等賞だったのだから……

しばしの休憩、お昼休みの時間になった。芽衣子を探していると、芽衣子の従兄弟でもある香さまのご一家もまじえて
楽しそうに談笑している。芽衣子のお兄様もいらしたので、さっそく私はご挨拶もかねて
ご一緒させていただくことにした。