リリアン女学園付属図書館 「ミックス☆ジュース」リメイク版 第三話

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミックス☆ジュース リメイク版 第三話

私市 朔耶



「いらっしゃいませ、ジュースバー『峠の茶屋』へようこそ♪」
 どごん。
 いきなり派手な音を奏でたのは京だ。
「・・・ちょっ、朔耶、なによ『峠の茶屋』ってのは?」
「はい?
 いえ、剣士の休憩所と言えば『峠の茶屋』で間違いないかと」
「価値観の話じゃないわよ!
 仮にも私たちは、これからジュースバーをやるんじゃないの?」
 何か理不尽なものを見つけたように、少々怒り気味に問いただす京。
「でも、パンフレットにはこのように・・・・・・。
 えっと~・・・ここです。
 『剣道部-峠の茶屋』って書いてありますよ?」
 黙って見守っていた玲と香が、すっと話に割って入ってくる。
「すまない京、パンフレット作成の実行委員に聞かれたときに、私がそう答えたんだ」
「玲に剣士の休憩所はどういう名前がいい?って聞かれた時に、峠の茶屋じゃない?って助言したの、僕だった気がする・・・」
 気まずい沈黙が、少しの間流れた。
「・・・・・・わかりました。
 もう、どうでも――」
「いっちばんのりー!・・・かな?」
『お。』
 本日最初のお客様は、開店前にやってきてしまった。
 学園一の元気印。
 お騒がせ台風娘。
 リリアンの校風に似つかわしくないあだ名を持つこの少女は、名前を宇都宮鈴という。
 実はこの九月まで庶民で、二学期が始まってからすぐに編入してきたと言う、この学園ではかなり珍しい存在だ。
 そして一つ気になるのが、彼女が今、確かに校門のほうから現れた、と言うことだ。
「・・・・・・あれ?
 先輩たち、結局ホストクラブにしたんですか??」
 部員たちが着ている服を見て、そう尋ねてくる。
 疑問符の登場と一緒にコトン、と首を傾げると、ポニーテールがゆんっ、と跳ねた。
 剣道部は高身長が多いので、彼女は必然的に上目遣いになるのだが、その仕草に妖艶さの要素はなく、むしろ子供に疑問を投げかけられたような感じがする。
「いいえぇ、ただのジュースバーですよ?」
 真正面にいた朔耶が答えた。
 鈴は困ったような、げんなりしたような、苦笑いのような表情を浮かべる。
「これが『ただの』だったら、日本のどこへ行けばホストクラブがあるって言うんですか?
 ・・・・・・でも、ほんとに豪華絢爛。
 先輩たちなら、歌舞伎町でお店が経営できるんじゃないですか?」
「そうか?」
「そうですとも」
 褒め言葉と受け取った玲の口元が優しく緩む。
 上機嫌、と表現するのが一番しっくり来るのだろうか。
 この笑顔にやられた生徒も、数多くいることだろう。
「・・・!」
「さて、それではお客様。
 ご指名、ご注文はいかがなさいますか?」
 いきなり口調を変え、これぞホスト、と言った感じで鈴に注文を聞く朔耶。
 今ここにいるのは、朔耶、京、香、玲。
 三年生の四人だけだ。
「そーですね、それじゃ――きゃふぅ!?」
「ざーんねーんでした。
 朔耶さま、この子のジュースは私が作らせてもらいますわ」
 彩に後ろから近づかれて、いきなり抱きしめられた鈴は、たまらず悲鳴を上げた。
 もちろん、接近してきた彩に気がついていた三年生諸君だが、そんなそぶりは微塵もみせずにいるあたりは、やはり類友というやつなのであろうか。
 鈴があたふたして意味もなく暴れている内に、彩は彼女の腰に手を伸ばす。
「相っ変わらず細いわねぇ、ちゃんとごはん食べてるの?」
「あっ彩先輩!?
 あ、だめです、そこは触っちゃ・・・ふぅ、んっ・・・」
「ふふっ、笑うのこらえてるんだ、かーわいー♪」
 ほんの数秒間だが拘束してわき腹をちょちょいとくすぐり、膝が崩れる前にぱっと手を離す。
 引き際はきちんとわきまえているのだが、行為のレベルは子供それだった。
 鈴はもともと子供っぽいが、彼女と絡むと彩まで余計に幼く見えてくる。
「じゃ、ちょっと待っててね。
 朔耶さま、ちょっとここ頼みます」
「はいはい、それじゃ、お手並み拝見としましょう。
 鈴ちゃん、ひざは大丈夫ですか??
 あっちに椅子を用意してありますから、腰掛けて待っててくれますか?」
 手作りが売りのため、客を待たせてしまうジュースバー。
 そのため、お客さんを座らせる椅子が用意されていた。
「は・・・はい」
 弱点を触られて、精神的にも力の抜けたような状態の鈴。
 くすぐりによって一気に血圧が上がったためか、腰を掛けて落ち着こうとしてもしばらく顔は真っ赤だった。
 その一方で、やる気満々の彩は鼻歌を歌いながらジュース作りに励んでいる。
 ぎゅがゎぃぃぃーーーん・・・・・・
 ミキサーが彩の選んだ素材をかき混ぜていく。
 ――あの硬いものを粉砕する音はなんだろう・・・?
 横で見ていた玲がそう思ったとか思わなかったとか。
 そんなことは露知らず、音符交じりの彩は出来上がったものをこし、香に取ってもらったカップに注いでストローをさす。
「さ、できたわよ鈴ちゃん。
 わたしの特製リンゴとオレンジのミックスジュース!
 さ、飲んでみて?」
「は、はい・・・ありがとうございます。
 それじゃ、いただきますね?」
 ――リンゴは皮ごと混ぜたのかな?
 少し赤みの強いオレンジジュースを見つめ、そんなことを思った鈴だが、あまり気にせず口にした。
 ちゅーーー~~~・・・
 一同見守る中、鈴は。
「・・・美味しいジュースですね、なんかちょっと辛いけど。
 彩先輩、意外とお料理上手だったんですね?」
 なんと、唐辛子入りのジュースを美味だと言ってのけた。
「やっぱりー!?
 ねー唐辛子ジュースは美味しいでしょう!?」
「へ?唐辛子・・・?」
 ことん、とまたもや首をかしげる。
 1、2、3。
 思考の中心が「ジュース」状態の、割と軽く出来ている鈴の脳では、唐辛子とはなんぞや、と言う問いの検索にHITするまで、三秒ほどかかった。
「・・・先輩。
 おちゃめ、じゃ、済まないですよ?」
 ジト目で彩を見つめる鈴。
 むすっとした顔で迎え撃つ彩は、どうにも不服のようだ。
「なによー。
 鈴ちゃんはおいしいって言ったじゃなーい」
「あたしだから、飲めたような気もしますけど・・・」
 うんうん、とうなずく後ろの4人。
「それにカプサイシンも沢山入ってるから、健康にもいいのよ~?」
「あのですねぇ、先輩、それとこれは―――」

 彩と鈴の論争は、このあと十数分間にわたって続いたと言う。
 なにげなく、両者唐辛子ジュースを飲みながら。
 台所に残っていたのを興味本意で舐めた京によれば、少量でも舌が痺れたと言う。



「なんだかんだ言って、鈴ちゃんあのジュース気に入ってた?」
「そうですよね・・・私もそう見えましたけれど」
「ん~、そうですね。
 きっと先輩方が思うほど、味はまずくはないですよ。
 オススメはしないですけど・・・」
「やっぱり、唐辛子ジュースは推進っていう方こ―――」
『だからよしなさいってば。。』×5


あとがき



当初の予定では、鈴ちゃんが犠牲者第一号だったんですよ。
彩の好みの味って、凄いですからね(^^;
と、こ、ろ、が、そうは問屋がおろさなくてですね。
鈴ちゃんも実はすっごい辛党だそうで、結局こういう形の作品になったわけです。
遅刻をさせてしまったのはやりすぎたかなと思ったのですが、
本人には逆に好評でしたのでそのままにしました。