リリアン女学園付属図書館 「ミックス☆ジュース」リメイク版 第五話

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミックス☆ジュース リメイク版 第五話

私市 朔耶



「ねぇ、あっちの方からやたらと黄色い悲鳴と言うか・・・
 そう言うの聞こえてこない?」
「そうですねぇ、どこかの女優でも来たんでしょうか?」
 人垣のむこう側。
 玲と京は相変わらず忙しいが、手の空きがちになってきた香と朔耶は、先ほどから騒がしいそちらに気をとられていた。
 その人垣を抜けてきたのは・・・
「香クン香クン、マリア様が出てきましたよ!?」
「・・・そうだね、メイドさん連れたマリア様だ」
 受胎告知、と言ってわからない生徒はリリアンにはいないだろう。
 その姿をしたマリア様・・・演劇部所属の名女優、貴水朋子は剣道部のジュースバーの前までくると、その優雅な歩みを止めた。
「ごきげんよう、剣道部のホストのみなさん」
「ごきげんよう、みなさまとってもカッコイイですわ」
 彼女の次に挨拶を贈ったのは、隣にいたイギリス風のメイドさん・・・朋子の妹、一年生の一ノ瀬ひめ乃だ。
 衣装の歴史に1800年ほどのズレがあるのだが、二人の笑顔は時代なんぞとうに跳び超えているらしい。
「いや、まぁ、ありがとうございます」
 へこへこと頭を下げる朔耶。
 とりあえず断っておくが、ここはジュースバーであって、ホストクラブではない。
「ごきげんよう、朋子さん、ひめ乃ちゃん。
 二人とも、今はデート中なの?」
「そうね、デートと言えば、デートよね?」
「えっと・・・はい・・・」
 香の問いに朋子はさらりと、楽しそうに答え、そしてひめ乃は恥ずかしそうに、それ以上に嬉しそうにうなずいた。
「あら、ようこそ朋子。
 相変わらずかわいいねーひめ乃ちゃん」
 注文をすべて捌ききったのだろう、京が軽く汗を流しながらもカウンターへ近づいてきた。
「でもまさか、演劇の衣装のままで、しかもひめ乃ちゃんを仕事着のまま連れて来るなんて・・・。
 よっほど早くひめ乃ちゃんと文化祭を楽しみたかったのね?」
「えっ!?」
 京の言葉にさっと頬に赤みがさすひめ乃。
 表情はそのままで、少し上にある姉の顔を上目遣いに伺う。
「もちろんよ、この子は私の大切な妹なんだから」
 少し低め位置にあるひめ乃の肩を軽く抱き寄せながら、恥ずかしいセリフをさらりと言う。
 演技の得意な彼女だが、妹を見つめる優しい眼差しやその言葉が、偽りのものでないことは誰の目にも明らかだった。
 ひめ乃はそれを聞いてカァッと赤くなり、両手で口元を隠している。
「デキたてホヤホヤの姉妹はいいね~♪」
「羨ましいですわね~♪」
 香と彩が次いで茶化しに入る。
「それじゃ、本題に入りましょうか。
 朋子さんは、誰を指名しますか?」
 朔耶に問われて、うーんと喉を鳴らして考える。
「そうね、京さんに作ってもらおうかしら」
 本人的に結構意外だったのか、京の反応が一瞬遅れる。
「私に?
 ・・・そう、わかったわ。
 腕によりをかけて作ってあげる」
 その笑顔に軽く邪なものが入る。
 普通ここでちょっとビビるのだが、朋子はいたって強気だ。
「京さん、あんまりおいたしないように(^^;
 ではひめ乃ちゃんはどうしますか?」
「はい・・・えっと・・・朔耶さまで、お願いします」
 まだ赤い顔を隠すように、うつむき加減で指名する。
「はいはい、承りました。
 じゃ、そっちにかけてまってて下さいね~」

『はいっ、お待たせしました』(京&朔耶)
『早っ』(朋子&ひめ乃)
 二人ずつ、しっかりハモって面白いことをする。
「手作りって聞いてたから、もうちょっとかかるものだと思ったけど・・・」
 素直に驚いている朋子。
 無理も無い、頼んでからほんの2分弱。
 カップラーメンよりも早く手作りのジュースを出されれば、本当に手作りなのか、疑いたくもなる。
「ちょっとね、のっけから回転があんまり速ものだから、慣れちゃったわ」
「そうですね~、人気があるのはいいんですけど、多すぎれば対応が疲れますから」
 などと小さな不平を漏らすが、この二人どこにも疲れた様子が無い。
 むしろ、楽しんでいるように見える。
「まぁいいわ。 ありがとう、京さん。
 ひめ乃、いただきましょう」
「はい、お姉さま。
 あ、朔耶さま、ありがとうございます」
「いえいえ、さ、召し上がってください」
 二人でまたもや一緒に『いただきます』と言う。
 ぱくっ。ちゅる~~~・・・・・・
「あ、おいしい。
 ・・・これって、りんごとパインとマンゴーですか?」
「お、すごいですねぇ、そんな簡単に分かっちゃうものですか?」
「この子は特別よ。
 センスがいいって言うのかしら、お料理も得意だし、原料とか出汁とかも、一度味わうだけで大体見抜いてしまうの」
「へぇ、それはまた凄い才能ですねぇ。
 私なんか一生努力しても、そんなのわかんないかも知れないですよ(^^;
 ところで朋子さん、そちらは何が入ってらっしゃるんですか?」
「・・・とりあえず、メロンとわさびが入ってるのは分かったんだけど?」
 京をみつめる瞳の温度は、絶対零度だった。
 おいしいものを期待していたのに、という意味が込められているようだ。
「あれ?おいしくなかった?
 メロンとわさびって結構合うものよ?
 私はよくおいしく飲んでいるけれども・・・」
「・・・よく?」
 聞き返したのは朔耶だ。
「まぁ、京さんが何をするのかは分かってたつもりだから」
 そう言って、なんと表情ひとつ変えないままほとんど飲んでしまった。
「ごちそうさま、ひめ乃、行きましょう」
「え?あ、はい。
 朔耶さま、ごちそうさまです(ぺこり)」
「あぁ、いえ、こちらこそ・・・」
 二人はまた、颯爽と人垣の中へ消えてしまった。
 しかしどうしても、その居場所は黄色い声として残っていたが。



 後日。
「実は、あの京さまのジュース、とんでもなく辛くて・・・」
「え!?」
「少し残っていたお姉さまのジュースを飲ませてもらったんですけれど、あのわさびの量はちょっと・・・」
「は~。それで、顔色が変わる前に・・・」
「え?いえ、あのあとも普通にしてましたけど」
「・・・朋子さん、精神力ありますねぇ」
「あ、朔耶さまのジュースはおいしかったって言ってましたよ?」
「え?あ、交換して飲んだんですか。
 それは光栄です^^
 ところで、ひめ乃ちゃん」
「なんですか?」
「ヒソヒソ(それって、お二人の間接ちゅーになりますよね?)」
「・・・・・・(///)」


あとがき



もうちょっと会話を充実させたいなーと思いつつも、
それが実現できないのは私がヘタレなせいだと思います(^^;
オチに関しては、暴走したかなと思ったのですが、
朋子さんには結構好評でした。公認です。