リリアン女学園付属図書館 「ミックス☆ジュース」リメイク版 第九話

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミックス☆ジュース リメイク版 第九話

私市 朔耶



「もしもし、そこなお嬢さん。
 物陰に隠れて、何を見てらっしゃるのかな?」
 寂しそうにテントを見つめる視線に気が付いたのは、彩だった。
 ただ、今は忙しくて手が離せない、との事で、ちょうど休憩中の朔耶がそのお嬢さんのところへやってきた。
 彼女はびくっと肩をすくませると、ぱっと振り返った。
「え!?
 あ、朔耶さま・・・えっと・・・ごきげんよう」
 少々クセのあるショートカット。
 和服を身にまとい、新撰組のはっぴを着ているこの美少女は、二年生の葛城かずらだ。
 かずらは、声の主が見知った顔であったことに少々安堵し、見つかってしまったことに不安を覚え、一応それでも挨拶をする。
「はい、ごきげんよう。
 かずらさーん、こんな所にいないで、あっちに注文しにきたらいかがです?」
「でも、お姉さまは忙しそうだし・・・」
 彼女の言うお姉さまとは、月城玲のことである。
 校内、外にかなりの人気がある剣道部員たちだが、こと月城玲と常盤京の人気は群を抜いている。
 そのツートップの片方なのだから、こういった行事は忙しくてたまらないだろう。
 彼女はそれを気遣って、少し離れた木の陰から、こうして見守っていたのである。
「ん~、まぁ無理強いはできませんしねぇ。
 そうだ、私、今休憩中なんですけど、よければジュース作りますよ?
 くだものは何がいいですか?」
「え?そんな・・・」
 申し出を断ろうとしたが、校風上強く出ることも出来ず。
「遠慮しなくていいですよ。
 腕によりをかけて作ってあげるますから」
「・・・では、オレンジジュースを」
「はい、任せておいてください^^」
 そう言うと、軽く駆け足でテントへ戻っていった。


「あれ?もう休憩終わりですか?」
「ええ、かずらさんが来てましたので」
 彩と朔耶の話を聴いてぎゅんと振り返ったのは、言わずもがなの玲だ。
「なっ!?
 朔耶、それは本当!?」
「ええ、その木の陰にいますよ?
 ただ、玲さんは忙しいに過ぎるから注文しづらい、と。
 オレンジジュースを飲みたいそうなんで、すっ飛んで戻ってきたんですよ」
「あの子・・・そんな事まで気を回して・・・」
「まぁ、それが彼女の優しさでしょう。
 負担をかけまいとする、いい妹じゃないですか」
「・・・」
 自分の妹の飲むジュースだ。
 もちろん自分で作ってあげたかったのだろう。
 知ってか知らずか、るんるんと鼻歌交じりにりんごをさばいてジュースを組み上げていく朔耶。
 その隣には、むすっとした、いつもよりコワモテになってしまった玲。
 この二人が一緒にいる空間は、すさまじく異様だった。
「さ、できました。
 じゃ、ちょっと行ってきますね?」
 たったった・・・と駆けて行く朔耶の背を、玲は不機嫌に睨み付けていた。


「はい、おまたせしました」
「・・・すみません朔耶さま、休憩中だったのに」
「いえいえ、いいんですよ、そんな事。
 いやーしかし、見事に晴れましたねー、今日は」

 そんなたわいも無い会話を一分ほど、続けていると。

「かずら」
「あっ、お姉さま・・・」
 いつのまにか、すぐ近くに玲がいた。
 朔耶は後方にいる玲の接近に気が付いていたのか、顔だけで振り返る。
「やぁ玲さん、どうかしました?」
 驚くそぶりなど微塵も見せず、しれっと言い放つ、さっきから妙に意地悪な朔耶。
 不機嫌な顔にやや赤味が差して、ふくれっつらのようになる。
 それから、すっと右手を・・・右手に持っているものを、かずらの前に差し出した。
「・・・オレンジジュースだ」
「え?」
「飲みたかったんだろう?
 オレンジジュースを作ったから、飲んでくれ」
「まぁ・・・ありがとうございます、お姉さま」
 かずらはとても嬉しそうに、ジュースを受け取った。
 視線が合うと、二人して赤くなる。
 玲はかずらと親しくして、あまつさえジュースまで作って渡しに行くという朔耶の行動に、いたく腹を立て、ヤキモチをやいていたのだ。
 その様子を見て、満足げに頷くと、朔耶も右手を上げた。
「はい、玲さん。
 りんごジュースです、飲んでください」
 ――りんごじゅーす?
 言葉の意味が少々理解できなかった二人。
 疑問を先にぶつけたのは、玲の方だった。
「・・・朔耶、それはかずらのためのオレンジジュースじゃなかったのか?」
「違いますとも。
 だって、かずらさんのジュースは玲さんが作ってくれると思ってましたから」
 にやにやとした表情で朔耶が笑う。
 してやられた、という顔の玲。
 そして姉がからかわれているのを知って、口をとがらせるかずら。
「あはは、そんな恨めしい顔しないで下さいよ。
 じゃ、そーゆーわけで、玲さんは休憩時間ですから、かずらさんと一緒に文化祭を楽しんできてくださいね?」
『・・・』
「だいたい、二人ともお互いに遠慮しすぎなんです。
 もっとこう、素直になってくださいね?
 では、私はオーダーがあるので、失礼します」
 スタスタと、朔耶は仕事に戻っていった。
 朔耶は、わざと、玲にヤキモチをやかせたのだ。
 そうしないと、きっとかずらは、ものの10分もしないうちにもうテントへ戻れといい、玲も申し訳ないとは思いつつ、盛況のテントを支えるべく戻ってきてしまうだろう。
 少々荒療治だったが、せっかくの文化祭だ、楽しむべき相手がいる人は、ちゃんと楽しませなければ。
 自分たちの本音に、気がつかせなければ。
 二人による報復も少々怖かったが、いい事をしたと朔耶は思っていた。
 戻る途中でふと振り返れば、仲むつまじく、手をつないで歩いていく二人の姿があった。


あとがき



固定観念といいますと聞こえは悪いのですが、
彼女らのイメージは書き始める随分前から確立していまして。
楽しく書かせていただいたのを覚えています(^^)
本物の私は、こんなに演技のうまい策士ではありませんし、
おもいっきり美化してますので、こんな人だと思わないようにしてください(^^;