リリアン女学園付属図書館 「七夕祭SS・飾りつけ編」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七夕祭SS・飾りつけ編

正木 聖香



今年も七夕の季節がやってきた。リリアン女学園でも、
山百合会主催の「リリアン七夕祭」を行うことになった。
七夕祭当日、山百合会役員は揃って会場の飾り付けを
するため、ここミルクホールに集合している。
「芽衣子、ここお願いね」
「あのお姉さま、こよりはこう巻いたらよろしいのでしょうか?」
手作りの会らしく、試行錯誤で飾りつけを行う光景は参加していても
なにか微笑ましい。まるで、小学校の時のお楽しみ会のようだ。
普段クールな香さまや朋子さまも、少しはしゃいでいる。
「皆さん、願い事お決まりですか?」
ひめ乃さんが、飾り付けのお星様を折り紙で作りながら訪ねた?
「リラックマとデートしたい!」
芽衣子が真っ先に声をあげた。
「リラックマって何?」
私が、首をかしげながら尋ねると。
「お姉さまは、ホントに遅れてますね……」
「う~、どうせ私は流行には疎いですよ~!」
香さまが苦笑いを浮かべながら。
「あ~あ、また姉妹漫才が始まったよ」
「香の願い事は?」
今度は朋子さまが香さまに尋ねる。
「まだ決まってないけど、今はこのイベントが成功に
終わる事かしらね」
「そういう、朋子とひめ乃さんはどうなの?」
「ふふふ、まだ秘密ですけれど。一緒のお願いですよね~お姉さま?」
「うん、そうね。私たちの願いは一緒よ」
そうしているうちに着々と飾り付けがつけられていく。

「そうそう、芽衣子。スタンプの準備は大丈夫?」
今日のメインイベント、肝試し大会の準備に話が咲いた
「はい、お姉さま。各教室にスタンプを設置してまいりました」
スタンプは香さまの提案で薔薇のスタンプを各コースに
2年桜組には濃いピンク、音楽室にはオレンジ、理科室には青の
スタンプ台を置くことにした。
「ナイスアイデアね、香。これならみんながちゃんとコースを回ったか
確認できるね」
朋子さまが、香さまの肩をポンと叩きながら言った。
「でも、香さま。よく薔薇のスタンプ、見つけましたね?」
私が香さまに尋ねると芽衣子が。
「ふふ、それは私が芋版で彫りましたのよ!」
「え、ホント?すごいわ、芽衣子!」
「嘘ですよ~だ、そんなお姉さまにはリラックマグッズ見せてあげませんから」
「芽衣子~」
そんなこんなで、時計は2時近くをさしていた。
「さあさあ、みんなそろそろお客様がいらっしゃる頃よ」
朋子さまの一声がかかる。
こうして、リリアン七夕祭の幕は開けた。