リリアン女学園付属図書館 「体育祭準備SS中編」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

体育祭準備SS中編

五条 慧理奈



図書館の扉を開けるとそこにはロサ・ギガンティアこと正木聖
香さんとお姉さまが二人で仲睦まじげに本を共に見ていた。
「....お姉さま..何をなさっているの...」怒りをこ
らえつつ聞くと京はあっさりこう答えた。
「聖香と本読んでるの」しかも慧理奈には見向きもせずに。
慧理奈はつかつかと歩み寄り京を無理やりこちらに向かせる。
驚いた顔の聖香さんを横目に慧理奈は恥じらいもなく大声で怒
りをぶちまける。
「お姉さま剣道部に行ってらっしゃるんじゃなかったんですか
!?私がこの1時間何をしていたと思ってらして!?あんな重
い段ボールを一人で薔薇の館まで運んだのですけれど!?」息
を切らしこれ以上はないほどの怒りの形相で京を思い切り睨む

「あ...あのね...慧理奈さん...これには訳が...
「聖香さんまでお姉さまのグルなの!?信じられない!!お姉
さまのせいで純粋な聖香さんまで汚されちゃったじゃ...「
あれー?バレちゃったんですか、お姉さまも京さまも...」
突然芽衣子ちゃんの声がし振り向く3人。
「...バレた、って...何のことなの?芽衣子ちゃん?」
怒りをおさえつつ優しく努めて聞くが逆にその顔が必死で怖か
ったようで少しおびえながら芽衣子ちゃんはこう答えた。
「え...知ってらっしゃらなかったんですか...?えっと
...慧理奈さま最近お具合は悪そうだから、ってお姉さまと
二人で風邪に効くハーブティーを探していたんですよ?」
「え...?」
あまりの展開についてけず頭を整理する慧理奈。
しかしどうやらお姉さまは自分のためにしてくれていたらしい
、それだけは伝わった。
「....お姉さま....」
「なーに慧理奈、私が浮気するとでも思ったわけ?」
「いえ...そんなことはありませんけれど....」
申し訳なさに京と目が合わせられず聖香さんと芽衣子ちゃんに
助けを求めようとすると、気をきかせてくれたのか、二人は私
に目配せをし、二人で仲良く歩きながら去っていった。