リリアン女学園付属図書館 「修学旅行出発SS後編」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

修学旅行出発SS後編

石原 華央梨



そうやって話を交わしている内に薔薇の館についた。
リズミカルにそして優雅に登っていく慧理奈に華央梨は
「慧理奈ちゃんさ、確か今月修学旅行だったわよね?」
「はいそうですけど・・・?」
「ならいいの」
にっこりと笑んでビスケットの扉を開ける。
するとそこには慧理奈の予想通り京がいた。
「ごきげんよう慧理奈、華央梨。華央梨が薔薇の館に来るなんて珍しいね」
「ごきげんよう、お姉さま」
「ごきげんよう、京。ご訪問させていただこうと思って」
京はにっこりと笑んで席を立った。
「紅茶いる?」
「あ、私は忘れ物をとりに着ただけですから、すぐ帰ります」
そう言って机の上にある文庫本を取ると「ごきげんよう」と残して去っていった。どうやら急ぎの用事があるみたいだ。
「どうぞ、お構いなく」
そう言いつつも席に着く華央梨。
「そんな、お客様なんだし」
と、言うと華央梨に紅茶を差し出す。
「ミルクと砂糖はご自由に」
「ありがとう」
華央梨はお礼を述べたものの何もいれずに口にした。
「あんまりかわってないわね。京」
ぽつりと呟く華央梨。
「何が?」
「修学旅行よ。慧理奈ちゃんが少しでも居なくなって寂しくない?」
「あ、それ考えてなかった。うーん、寂しくはなると思うけど、でも、帰ってくるし」
その言葉に華央梨は少しはにかんだ微笑を浮かべ
「ほかの野次が言わなくても黄薔薇姉妹は結束固しね。んまぁ、私もいるし」
「そうだね、華央梨もいるから安心」
そう言って微笑む京に華央梨は少し頬を紅潮させると
「面と向かっていう言葉じゃないでしょ。それ」
「あはは、そうだね」
華央梨と京は顔を見合わせ笑った。
しばらくして京がたずねた。
「華央梨は妹作らないの?」
華央梨は一瞬驚きの表情を見せたがその後微笑んで
「私は、欲張りだから。一人に絞る事はできないわ。下級生という大きな妹たちを見守ってたいの」
と答えた。「もちろん、慧理奈ちゃんもね」と付け足すのも忘れずに。
「何か、女王さまみたいだね。民を見守る優しい女王さま」
「そう言うのやめてよ。何か照れるじゃない。あ、そうだ」
ふと思い出したようにきりだす華央梨。
「何?」
京が首をかしげると華央梨は少し不敵な微笑を浮かべて
「慧理奈ちゃんにお土産頼んどいて。お金はだすから」
と頼んだのであった。