リリアン女学園付属図書館 「カルメン山百合に還る」1

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カルメン山百合に還る 1

中司 春菜



 ある日の放課後、視聴覚室。椿組こと赤チームの実行委員と団長、副団長が集まっている。
「この映像を見て欲しいの」
 2年の実行委委員がビデオを流す。それは数年前のリリアンの体育祭の風景。3人の生徒が赤いドレスに身を包み、ステップを踏み、赤チームの応援をリードしていく。
「これって、カルメン?」
「ええ、今年の応援合戦。これでどうかしら?」
 ビデオを流した生徒が聞く。
「良いわね、印象的だわ」
「これなら盛り上がりそうね」
 他の生徒の反応も上々で、
「じゃあ、これで良いかしら?」
「ええ、良いと思うわ。反対の人はいる?」
 反対はなく、今年の赤チームの応援合戦のテーマは「カルメン」に決まる。
「ところで誰がカルメン役をするんですか?」
 春菜は、小首をかしげながら尋ねる。
「それなんですけど、確か薔薇ファミリーの方がお一人我が赤チームに」
「そうね、それにしても緑チームは良いわよね。3人もいらっしゃるもの」
「白・黄・ピンクにはいらっしゃらないのですから、贅沢は言わない方が良いわね」
 お姉様方の会話で、春菜にも誰が選ばれたのかわかり、
「お姉様方、芽衣子さんを出したいんですか?」
「ええ、ロサ.ギガンティア・アン・ブゥトンが代表で舞えば、我がチームの士気は必ず上がりますわ」
「そうね、確実ね」
「でも芽衣子さんにはどう言うのです?」
「大丈夫よ、春菜さんが説得して下さるでしょう?」
「えぇ!」
 いきなり説得なんて大役を預けられ、あわてる春菜。
「春菜さんも踊ると言えば、ロサ.ギガンティア・アン・ブゥトンも無碍にはしないでしょう」
「あ、あたしも踊るんですか?」
 続けざまの衝撃に春菜の声は少々裏返ってる。
「ええ、春菜さんも踊ったらいいと思って」
「春菜ちゃん、可愛いし。見栄えがよいわよ、きっと」
「カルメンの衣装が似合いそうね」
「そんなぁ」
 もしかしたら、あたしの知らないところで大筋は出来てたのかも。そう思うと心の中で溜息をつく。
「でも、芽衣子さんを説得できる自信はありませんよ、その時は」
「それでも春菜さんは踊って下さりますよね。皆さん期待してますもの」
 最後の退却路まで断たれてしまった春菜は、こう答えるしかなかった。
「分かりました。お姉様方」