リリアン女学園付属図書館 「カルメン山百合に還る」2

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カルメン山百合に還る 2

中司 春菜



 とはいえ、やっぱり気が重い春菜。とはいえ、芽衣子さんはこの時間ならと考え、薔薇の館に赴く。
偶々だろうか、館には芽衣子しかいなかった。芽衣子にさっそく今年の椿組のテーマを伝える。
「ふーん、そうなんだ」
 あまり興味がありそうにない返事を返していたが、芽衣子も踊って欲しいといわれると、
「わたし、踊れないよ」
「練習すればいいじゃない」
「でも」
 やはり渋り出す芽衣子に、説得を始める春菜。芽衣子は暫く渋っていたが、春菜自身も踊るといったら、
「じゃ、相手役やる」
 いきなり乗り気になった芽衣子。とうとう、
「どうせならカルメンの寸劇ふうに春菜さんにふられたい」
 と、言い出すほどに。あまりの態度の変わりように春菜があわて出すくらいに。