リリアン女学園付属図書館 「激闘☆枕投げ 6」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

激闘☆枕投げ 6

二宮 央



※因みに、枕投げ(団体戦)の基本ルール

 リーダーを決める。(リーダーに枕が当たるとゲーム終了)
 リーダー以外は相手リーダーに向かって全力で枕を投げつつ、
 自リーダーへの攻撃を防ぐ。非常にシンプルな戦いである。



作戦会議終了。

「Bチームのリーダーはかずらさんです」
「Aチームは蒼さんよ」
「よろしくお願いしますね、蒼さん」
「こちらこそ、かずらさん」
火花を散らす央と彩の横で、リーダー2人は平和的な挨拶を交わした。
最早、央と彩は臨戦体勢。切り替えの早い体育会系である。
「それでは、このコインが床に落ちたらゲーム開始です。準備はいいですか?」
央の言葉に、全員が枕を抱えて頷く。
「では」
ピン、と親指で弾かれたユーロ硬貨が柔らかな絨毯の上に音も無く落ちた。

ゲーム開始!!