リリアン女学園付属図書館 「人騒がせな春一番。」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人騒がせな春一番。

私市 朔耶



「や、待たせたね、朔耶。
 ……どうしたのさ、いつも以上にボーっとして」
「ねぇ香クン、それって私がいつも……」
「ぼーっとしてるじゃない?」
「う~、否定できない……」
「それで?
 だから、どうしたってゆーのさ」
 この場所はミルクホール。
 私と香クンはその一角に向かい合って陣取り、こうやってよくつかの間の会話を楽しむ。
 私はこうやってボーっとしてる理由……先ほどの事件を話し始めた。


 それは、ここへ来る途中。
 今日は今度の大会へ向けてどう稽古を組もうかとか、大将は誰に任せようかとか。
 そんな事を話し合う予定だった。
 まぁ、そんな事はほとんどちゃっちゃと決めて、雑談に雪崩れ込むのがいつものパターンなんだけれど。
 ミルクホールへ行く道すがら。
 私の前を通り過ぎていった、一人の美少女に目を奪われた。
 私の前、と言っても、彼我の距離は10メートルはあったから、きっと彼女はこっちに気がついてなかったと思う。
 なんて言うか、甘そうな色の髪。
 日本人離れした、白くて綺麗な顔立ち、大きな瞳に長い睫毛。
 優雅、というか、可憐、というか。
 体は全然小さいのに、なにものにも邪魔されない存在感を伴ってて。
 その時の私の顔は、鏡がなかったから確認はしてないけど、間抜けだったと思う。
 彼女はそのまま校舎の向こうへ消えてしまったけど、私は少しの間、動けないでいた。


「という訳なんですよ」
「へー、朔耶が恋に落ちたわけだ」
「香クン、私、確かに男は好きじゃないですけど、そっちの趣味はないですよ」
 正確には『不潔な存在』が嫌いなだけなんだれど。
「でも、惚れた相手が悪かったね」
「ですから、人の話を……」
「それ、きっと一年生の一ノ瀬さんだよ。
 聞いたことくらいない?
 リリアンのミス・プリンセスで、クラシックバレエ、バイオリンをたしなむ、
 いわゆる生粋のお嬢さまで、おまけに貴水朋子さんのプティ・スール」
「え、朋子さんって、あの演劇部のクールビューティー?」
「そう」
 ――へぇ、三年生と一年生で姉妹なんだ。
 あまり耳にするケースじゃないから、珍しく思った。
 ――ん?ちょっと待てよ?
「って、話を挿げ替えましたね!?
 さっきから言ってますけど、私は――」
「だって、一目見て、そのまま立ち止まっちゃったんでしょ?」
 先ほどの話を否定しようとする私を制止し、駄目押しをする。
 この時は、とっても真面目な目に見えた。
「……まぁ、確かに見惚れてましたけど」
「やっぱりねぇ」
 溜め息混じりに天井を見上げる香クン。
 ああ、私はついにそっちの道へ、しかも手出し無用の人に!?
 などと一人で数分あれこれ苦悩していると、香クンは上を向いたまま揺れ始めた。
 そして、訝しげな表情を浮かべた私の顔を確認すると、なぜか一気に吹き出した。
「あはははは、あーおっかしー。
 正直、その程度なら僕も同類みたいなもんだよ」
「へ?」
「うん、彼女、綺麗だから。
 初めて見た人は、たいがい立ち止まっちゃうんじゃないかな?」
 最初から話を整理して、ある結論にたどり着いた。
 香クンが何をしたかったのかがわかったのだ。
「……つまり?」
 こう言ったとき、自分の頬がヒクヒクしてるのがちゃんと自覚できた。
「うん、朔耶は単純だからね。
 からかってました、ごめんなさい」
「……香クンっ、そこになおりなさーい!」
 この時の私の絶叫は、学園のそこら中で聞こえたという話だ。