リリアン女学園付属図書館 「片足だけあげて 後編2」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

片足だけあげて 後編2

正木 聖香



 芽衣子と話しているとあっという間に時間がすぎていた。せっかくなので、私は彼女をリリアンの学園祭に誘うことにした。
「よかったら学園祭にいらっしゃらない?」
「行きたいですけど……ちょっと」
 私はもう一度、
「どうしたの、その日は都合が悪いの?」
「はい、都合が悪いです」
 彼女は即答した。私は理由が知りたかったが、今日会ったばかりの彼女に理由を聞くわけにもいかず。
「そう……残念ね。じゃあ、あなたの写真、一枚撮らせていただけるかしら?」
 芽衣子は驚いた表情をみせたので。
「ダメかしら?私はこれといった写真は撮っていく主義なの、風景、人物かかわらずにね」
「……これでよければ」
 その声を聞いて、さっそく私は構図を考え、さっきお互いに見ていた木の下に芽衣子を立たせた。
「せっかく、だから面白いの撮りましょう、木にもたれてみて」
 木の下に立った、芽衣子をみて。私は閃いたように
「そうねぇ、木に耳をあててみて木の鼓動を聞くように」
 芽衣子は少し、困惑の顔をしていたが、言う通りのポーズを取ってくれた。やはり、顔には緊張の色がみえる、そこで私はファインダーから目を離し、芽衣子に向かってウィンクをした。芽衣子が一瞬、微笑をみせた。その瞬間、
(カシャ)
 いつになく、小気味のいいシャッター音が聖香の胸の中に響いた。