リリアン女学園付属図書館 「ドラフト会議の朝・裏話」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラフト会議の朝・裏話

今岡 栗実



11月17日水曜日、午後2時。神奈川県内某会場。
会場の中にはたくさんの報道陣が。中央には長テーブルが。
そこには女の子が1人。となりには兄だろうか。若い男性が
2人ほど、緊張した面持ちで女の子の目の前にある携帯電話
の画面をみている。女の子の名前は今岡栗実、兄の名前は
誠、雅人と言う。机上の携帯電話から新選組!の着信メロディー
が流れる。
『もしもし?あ。はい。今岡栗実です。えっ。あ。はい
ありがとうございます。はいっ!頑張ります。よろしくお願い
します。ありがとうございました。』
『どうした?どこからだ?』
『雅人。よしな。』
『こほん。みなさま、このたび、私、今岡栗実は
読売巨人軍に指名され、入団することになりました。』
『今岡さん今の心境は?』
『とってもうれしいです。長年の夢が1つかないました。』
『これからの抱負をお願いします』
『開幕1軍です♪』
『今会いたい人はいらっしゃいますか?』
『俳優の谷原章介さまですわ』
『今お呼びしているのでご対~面』
『きゃぁ~♪章介さま~♪』
『栗実ちゃんおめでとう。これプレゼント』
『わぁ~テディベア~♪』

とその時。
「栗実~起きろ~朝だぞ~。」
「ん~・・章介さまぁ~」
「なにが『章介さま~』だよ。学校遅れるぞ?」
そう。これは夢だったのです。この日、栗実の家に
電話がかかってきたのか否か・・。


あとがき



「ドラフト会議の朝」の裏話ですわ。来年こそは電話がかかって
来ることを願って(笑)実際かかってきませんけれどね。
ドラフト同行取材でもしましょうか・・・・。