リリアン女学園付属図書館 「イタリア便り・フィレンツェ」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イタリア便り・フィレンツェ

雪宮 白桃



十月十七日

今日は午後からフィレンツェへ行きました。

一時半、予定通りサンタマリアノヴェッラ駅に到着し、その後、まずはドゥオモ広場へと足を運びました。中央にあるドゥオモという教会は大きくて美しく、まるでお城のようでした。地上からは黄金色の輝きしか見えませんでしたが、頂点には金のマリア様がお立ちになられているそうです。中も非常に美しく荘厳な雰囲気を持っていました。

次に見に行ったのがシニョーリア。彫刻が沢山置いてありました。そこからベッキオ橋のほうへと歩いていきましたが、橋の上に様々なお店があり、イタリアと水との関わりを再度深く感じました。

最後にミケランジェロ広場へと行きました。小高い丘になっていて、フィレンツェの町全体が見渡せるのですが、夕日に紅くそまっているフィレンツェの町は光のように美しかったです。フィレンツェを『美の象徴』と言う人の気持ちがとてもよく解りました。



やはり、今日一日通して感じたのは本当にフィレンツェと言う町は美しいと言う事です。来る前に期待していた以上でした。



十月十七日 一年桃組 雪宮白桃