リリアン女学園付属図書館 「山百合会劇・衣装部買い出し編act1」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山百合会劇・衣装部買い出し編act1

一ノ瀬 ひめ乃



体育祭も終わり、いよいよ学園祭もまじかという季節になってきた。
学園全体がクラスや部活動の出し物準備でとても忙しくなってきている。
三年菊組の私市朔耶、二年松組、三条綺羅、一年桃組の一ノ瀬ひめ乃は、
学園祭での山百合会劇の衣装係をする事になり、
放課後シスターに外出許可をもらい、衣装用の生地の買出しに出かける事になった。

それにしても豪華な面子だとひめ乃はつくづく幸せ者だと痛感していた。
リリアン四剣士のお一人の私市朔耶さまは高身長に焼けた肌がとても素敵だし、
三条綺羅さまは茶道部に所属する礼儀正しく麗しいお方。
そしてなんの変哲もないただの一年生のわたし。

経費を安く押さえる為に、やはり生地は日暮里の繊維街に赴く事になった。
洋裁が好きなひめ乃はたまに来る事はあるけれど、
家庭の事情というやつで一人歩き禁止令が出ているので、
必ずお姉さまとご一緒していたので、
他のお姉さま方と歩くのはなんだか少し不思議な気持ちになった。

繊維街を歩き、お店に向かいつつ、会話を楽しむ。
「へぇ~、日暮里って本当に生地屋さんが多いんですね。
私家庭は科苦手だから、買出しした物を運ぶくらいしかできないけど…」
「そうですね、朔耶さまが持ってくださったら助かります。ねぇ、ひめ乃さん?」
そういう綺羅さまはとてもにこやかだ。

「ええ。わたしもこれだけの人数分の生地だと持って帰れるか不安でしたし、
ありがとうございます、朔耶さま」
「いえいえ、むしろそれしかできなくて本当にすいませんね」
朔耶さまは少し苦笑い気味だった。

繊維街には本当にたくさんの生地屋がある。
目当てとおぼしき生地の量は計算してあるので、どこが一番安く買えるかが問題だった。
買出しというのもなかなか骨の折れる作業である。
数件回ったのち、一番安いお店に入った。