リリアン女学園付属図書館 「山百合会劇・衣装部買い出し編act2」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山百合会劇・衣装部買い出し編act2

一ノ瀬 ひめ乃



「私は生地の種類あまり詳しくないんだけど、
ひめ乃さんは詳しそうね」
「お恥ずかしながら、家庭科と音楽だけは得意ですので大丈夫ですよ。デザインも書いて、生地の量も計算しましたし」
自分にも勿論言えることだが、こういう時の採寸とはなんだか非常に気恥ずかしい上に、
リリアンの天使さまたち、特に山百合会幹部の採寸をした時には、
本当に申し訳ない気持ちになった。
わたしなんかがサイズを知っていいのかと。それにしても皆さま本当にスタイルがいい。

「えーと、生地ってメートルでないと買えないんですか?」
朔耶さまは物珍しそうに店内を見渡しながらそう言った。
「ええと、お店に寄りますけれど、1m以上は10cm単位で売ってくれるお店が大半ですわ」
「そうなんですか。ひめ乃ちゃんの中にはもう大体構想はあるんですよね」
「ええ、一応ですけれど、やるからにはきちんとしなければいけませんし」
「ひめ乃さん、妖精さんの生地こういうのどうかしら?
確か昨日の会議でシフォン素材がいいって言ってらしたような気がしますし」
綺羅さまが手に取ったのは綺麗なシフォン素材の生地だった。

「そうですね、妖精さんは、シフォンとオーガンジーで作ろうと思っているんです、
綺羅さまはどう思われます?」
「ええ、それがいいと思うわ。妖精さんはふわふわした印象だものね」
「勇気が水色、鷹揚が白、呑気が薄い黄色で、元気も薄いオレンジ、
やさしさはやっぱり薄ピンクでリラは藤色がいいと思うんですけれど」
「でも薄ピンクだと姫役の衣装と被っちゃわないかな?新緑色とかどうかな?
自然のやさしさって感じでいいと思いますけど。
あ、年中日向ぼっこしてるからそう言ってる訳ではないですよ」

敢えてそう言ってしまう朔耶さまは普段の凛々しさが嘘のように可愛らしかった。

「そうですね、ではひめ乃さん、やさしさは新緑色にしましょう、
きっと華央梨さまもお似合いになると思いますし、
あとリラの精は少し丈を長めの方がいいですよね」
「ではとりあえず普通の妖精の分の生地は一人あたり2m50cmで、
 リラの精はプラス1mで取り置きしてもらって次を見てみましょう」