リリアン女学園付属図書館 「山百合会劇・衣装部買い出し編act5」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山百合会劇・衣装部買い出し編act5

一ノ瀬 ひめ乃



問題は王様である。
ああ、ここに自宅のバレエのビデオがあれば・・・
と思わず苦悩したけれど、もちろんここにある筈もなく。

「ひめ乃ちゃん?頭いたい?林檎食べる?」
なんと朔耶さま、鞄から林檎。
思わず綺羅さまと顔を見合わせてしまった。
「いえ、頭痛ではないんですよぉ」
朔耶さまには悪いけれど苦笑しながらお断りした。

「そうだよね、ここで食べるわけにもいかないし。
林檎見たら日向ぼっこしたくなってきちゃった」
朔耶さまはつくづく謎な人だと綺羅とひめ乃は思った。

綺羅さまは思いついたように言葉を紡ぐ。
「王様ならやはりファーのついたマント、そう思いませんか?」
「綺羅さま、それナイスアイディアです。
では金色の合皮にフェイクファーを縫い付けてマントにしましょう」
「王様っていったらちょうちんみたいなズボンですよね、
ひめ乃ちゃんあれ作れますか?」
「あ、はい。シャーリングを寄せればできますよ」
とにっこりと答える。

「では中は詰襟のようなジャケットに王子と同じく、
金のブレードを縫い付けて、色は赤の綿素材いいですよね、
中ならマントに隠れてあまり見えませんし、安くあがった方がいいですから」
「そうですね、聖香さま女らしいですし、中は赤がいいと思います。
中の服はあまり見えませんからね」
「うんうん」頷く朔耶さまとわたし。
王様用の生地も取り置きしてもらい、次はカラボスの生地。