リリアン女学園付属図書館 「山百合会劇・衣装部買い出し編act6」

書棚


目録


図書日報


  • 新刊案内
  • 総利用者数 -
  • 今日の利用者 -
  • 昨日の利用者 -


管理用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山百合会劇・衣装部買い出し編act6

一ノ瀬 ひめ乃



カラボスといえば黒のロングドレスということで3人とも意見が一致した。
「京さまのカラボス素敵でしょうね」
綺羅さまとひめ乃は口を揃える。
「うん、京さんなら美人だし、綺麗な人は悪役も綺麗にハマりますよね」

朔耶さまは京さまと同じ剣道部という事もあり、
より一生懸命生地を探し始めた。
カラボスはお祭好きだし、黒い衣装が映えるように光る素材がいいかな。
と思っていた矢先、
「ひめ乃ちゃ~ん、これいいと思いませんか?ベロアです!」
きちんと札を見て生地名を確認したらしく、朔耶さまはご満悦そうに言った。

朔耶さまは面白いし、なんだか微笑ましくて、
やっぱり下級生にもてるのだろうなとぼんやりと思った。
「黒のベロア、いいですね。光沢もありますから、舞台映えしそうですし」
「では魔女らしく、シンプルで少し胸があいたスクエアカット、
そしてダーツだけ入ったロングドレスに致しましょう」       

しかし、ベロア。これも高価な生地である。

その点について悩んでいたら、お店のおじさんが近付いてきた。
「お嬢ちゃんたち、リリアン女学園の生徒だね。学園祭の劇のために毎年生徒さんたちが来るんだよ。
こんなにたくさん買ってくれるなら、その生地全部半額にしてあげるよ。
実はうちの姪っ子がリリアンの中等部に通っててね。」
取り置き用スペースに積まれた生地を見ながら、
とても優しい笑顔でそう言ってくださった。
きっと普段から気のいい方なんだろう。

「本当にいいんですか?半額だなんて・・・」
3人とも不安な表情で顔を見合わせて、
「申し訳ないですよ、でも本当にいいんですか・・・?」
全員揃っておずおずと確認した。

「それくらいで店が潰れたりはしないし、
今回だけの特別サービス。男に二言はないよ」
にっこりとしておじさんはそう言った。
本当に気のいい素敵な方だ。
3人は感謝しきりで何度も頭を下げ、お礼を言った。