3年前期


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構造生物学

中間・期末共に過去問どおりだったので、なんとかなる。

 

医薬品代謝学

  • 使用教科書・参考書
  • 出席
  • 成績評価
  • 2008年度から先生が変わったので頑張れ。
  • 2008年度 まとめ問題(手作り)

薬品製造化学

  • 使用教科書・参考書
  • 出席
  • その日やった内容についての問題。
  • 成績評価
  • 中間試験・期末試験。

薬理・薬物毒性学Ⅱ

2006・2007年度は薬理・薬物治療学Ⅲだった。以下薬理・薬物治療学Ⅲのときの記述

今までの薬理と異なり、中間がないため期末の範囲が広い。ただし、合格点は今までのように6割きっちりなくても通りそうである。07では問題が半分以上今までの過去問と異なった。特に今泉担当分はかなり変わっていた。今泉先生担当分は相当に難しい。

  •  使用教科書・参考書

参考書としては「NEW薬理学」(南江堂)が人気。改訂が完了して指定教科書になった「薬学テキストシリーズ 薬理学ーー基礎から薬物治療学へ」は使い物にならない。NEW薬理学などの標準的な教科書を自分で選択すべき。

  • 出席
    授業日の書いた出席用紙を一枚ずつ配る。
  • 成績評価
  • 中間試験・期末試験。

微生物薬品学Ⅱ

  • 使用教科書
    「考える薬学微生物学」(廣川書店)
  • 出席
    その日やったことの小レポート。量が多いので代筆はかなり厳しい。
  • 成績評価
    期末試験のみ。最後の授業で出るといったところは絶対抑えておくこと。

薬理・毒性学Ⅲ

2005年度までは医薬品毒性学。2006・2007年度は薬理・薬物治療学Ⅳ。

 

薬化学

ボルハルトもたまに使うが、授業中に使われるプリントの方がよく使う。

  • 使用教科書・参考書
    教科書は「ボルハルト・ショアー 現代有機化学(上)」(東京化学同人)「同(下)」だが、プリントで進めていく。
  • 出席
  • 成績評価
    中間試験・期末試験。中間テストで平均の半分 以下の場合、無条件で不可になるらしい……(06/08/04追記 掲示された中間+期末の結果を見たところ、点数が悪くて無条件不合格者になった人はいなさそう……)。期末テストは7月末。中間+期末で6割以上取れないと、9月に総合試験あり。その試験が最後で、再試験は行わない。
  • 09年度の中間範囲は教員が変更のため過去問があまり使えない。授業中に先生が中間で出すといったところが出た。

 

生薬学Ⅱ

  • 使用教科書
    特になし。プリントで進めていく。生薬学Ⅰで買った「新訂生薬学」(南江堂)を使うこともある。
  • 出席
    その日やった内容の小テスト。出席については最も厳しい科目で、代筆がバレることもある。
  • 成績評価
    2008年度から中間テストが導入された。期末試験もあるが、中間が入ったため内容が濃いかも。
  • 過去問
    2005年度 期末問題(pdf)
    2004年度 期末問題(pdf)
    2003年度 期末問題(pdf) 再試問題(pdf)

 

 

免疫学

講師がオムニバス形式で変わっていく。授業回数が少ない(2006年度は10回)。

 

薬学英語Ⅲ

授業回数は他の授業の半分。

  • 使用教科書・参考書
  • 出席
  • 成績評価

 

製剤設計法

授業回数は他の授業の半分。

  • 使用教科書・参考書
    製剤学
  • 出席
    白紙の紙を回し、学籍番号と名前を書く。
  • 成績評価
    期末試験のみ。2006年度は最終講にやるか、7月末にやるか、どっちがいい?と聞かれ、7月末になった。再試験あり。
  • 過去問
    2005年度 期末問題(pdf)
    2004年度 期末問題(pdf)

 

病院薬剤学

講師がオムニバス形式で変わっていく。途中でプレアボイドの事を調べて来いという宿題が出た。

 

実習

試験がない実習もあるが、全体的に2年後期より大変な試験・レポートが多い。

生化学実習

  • テスト
  • なし。
  • レポート
    課題が多いため、過去レポートが出回ってたり……。

衛生学実習

  • テスト
  • あり。
  • レポート
    当日提出の実験と1週間後くらいに提出の実験がある。当日提出の実験は書けるところは前もって書いて くること。

微生物薬品学実習

実験終了後に先生に口頭で実験の説明をする回あり。

  • テスト
  • なし。
  • レポート

医薬品代謝学・放射薬品学実習

  • テスト
  • あり。
  • レポート

薬品作用学実習

時間がかかる実験が多い。レポートも当日提出で、21時までに終わらないと強制帰宅。

  • テスト
    あり。年によって違う。レポート(4回)の評価がテストの点数に加味される(A(+5)・B(0)・C(-5)・D(-10))。点数が悪いと夏休み中に50枚のレポートを書かされる。が、実際は25枚くらいでもよいらしく、手書きでもないのでそこまで厳しくはない。課題は自分で好きなものを選べるらしいが、詳しくは不明。(足りない点数の分だけレポートを書くという噂も・・・)例年、1学年に5人ぐらいレポートを書かされる。
  • レポート
    当日提出なので、書けるところ(操作手順など)は前もって書いておくこと。過去レポートを写したのがバレるとヤバい 。使う薬物の作用機序を調べておくこと。考察では、実験結果とその原因(作用機序など)を結びつけて書く事が重要。
  • 09年度は、17時に帰れるようになった。レポート提出は次の日の13時まで。1班10人(出席番号順)なので、分担しないと何もせずに実験が終わる時もある。