1年後期


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基礎化学Ⅱ

2005年度 安田部分期末(jpg)
2004年度 安田部分期末(jpg)

物理学基礎Ⅱ

薬学有機化学Ⅰ

教科書の基本的な練習問題と章末問題やっておけばまず大丈夫

使用教科書:ボルハルト・ショアー現代有機化学(上)

生化学

毎回小テストで、0点を取ると欠席扱いになる。小テストは結構細かいところまで問われるから大変。重箱の角突きものです。期末テストは前もってテスト問題が半分だけ発表されるが、小テストで稼いでおくと楽。

カンニングは割りとばれます。1度ばれると、小テスト中張り付かれます。気をつけてね。

みんなの顔写真持ってるので顔は覚えられます。これは本当です。

歴史の認識5

台湾について詳しく学び、それを通して現代の日中関係を考察する。非常に実のある授業。

テストは60分で基本は論述。

1、日本・中国・台湾・朝鮮半島を含む東アジアの地図を書きなさい。(サービス問題)

2、次のa,bのうち1つ選んで答えなさい

a,「東アジア文化圏」について説明しなさい。

b,中国の呼称のうち、他称について説明しなさい。

3、次のa,bのうち1つ選んで答えなさい

c,日本の台湾出兵について、経過と意義について述べなさい。

d,『認識台湾』について説明しなさい。

4、現在の日中関係について、【 戦争責任 ・ 歴史教育 ・ マスコミの役割 】の3つの言葉を用いて、自分の意見を述べなさい。

化学分光学

テキストはあまり良い物がないらしいのでプリントを配り、口頭で説明。よって、過去問を利用するのが非常に有効。出席はとらないが、私語は慎むこと。

 

基礎生物学Ⅲ

分子生物学を学ぶ。

先生は非常に柔和でテストも持ち込み可。

基礎生物学Ⅱより単位はとりやすいだろう。だが、Ⅱ・Ⅲ両方受講することを薦める。

2007年度は持ち込み不可となった。やる内容は難しいが、単位を取ることは比較的易しいと思われる。

無機化学

選択科目なので、薬学部の受講者は少なかった。授業ノートを提出すると若干プラス点をもらえたのでノートはちゃんとまとめておくことを薦める。

薬学生は2年次に必修で無機化学を学ぶため、ある程度先取り学習になる。

総合英語

前半組>シラバスの先生と違う先生であったため、今後どうなるかは不明。
ABCニュースを教材として扱った。gdgd覚悟。だがニュースのトピックは割と最近のことで面白い。

 

第二外国語

独逸語(人見)

予習必死!名簿順に当てられる。質問に間違えると不機嫌になる。また、答える時にはきはきと答えると吉。

確かに独逸語の先生の中ではダントツで大変だが、テスト対策は取り組みやすい。つまり指定されたところをやったモン勝ち。やらなきゃできない。

 

微分積分学Ⅱ

高校時代の延長のようで丁寧に解説してくれる。

章末問題に取り組めばまず大丈夫。

 

コミュニケーション英語

(タナー)優しくてユニークな先生の授業はとてもアットホーム。

課題>&自分の好きな本について紙一枚分英語で論ずる英作文。授業でやるゲームの優勝チームは課題免除!

テスト>&ペアを決め、2006年を振り返るというテーマで英会話を4分間した。つなぎの簡単で便利なフレーズを覚え、ネタ合わせの時間を取るとチョロイ!

(コックス)コミュニケーションなのに、紙とコミュニケートさせられます。時々会話もあるが、割とでかい声で話さないと、「次週はテストです」となります。06年はそれで2回ほどテストをさせられました。期末テストは、やはり会話ではなく、紙です。内容は、なぜか前置詞問題などの受験的なものと、慣用的な表現を用いたものです。(授業のプリントでやる)結局コックスとは2~3回ほどしか話さずに終わってしまいました。わりと評価は厳しく、落とす人もちらほら・・・

心理学3

テストは持ち込み可なので簡単ですが、持ち込めるのは配布プリントと自筆ノートのみです。丸バツ問題が大半。授業中のアンケートは答えて提出しましょう。点をくれます。