青春18きっぷ

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青春18きっぷとは
日本全国のJRの普通列車に乗り放題の切符です。
1枚で1日有効×5回分 11500円
こども用はありません。おとなと同じで1人1日で1回となります。
年齢制限 なし。
乗り降り自由 。
使い方次第で格安に旅行することができます。

発売期間と利用期間について

発売期間 2006年2月20日から2006年3月31日
利用期間 2006年3月1日から2006年4月10日


発売期間2005年7月1日から2005年8月31日
利用期間2005年7月20日から2005年9月10日


発売期間 2005年12月1日から2006年1月10日
利用期間 2005年12月10日から2006年1月20日

毎年2月下旬に春、夏、冬の発売が正式決定になります。
発売期間、利用期間は毎年同じ傾向です。

使い方
当日、1日ずつ改札で日付を入れてもらいます。
夜行など利用で日付が変わってから使いたい場合は日付の変わる駅まできっぷを買って乗り、
車内か下車する駅で日付を入れてもらいます。
利用日が連続しなくても大丈夫です。
複数人で使う場合は同一行程で人数分の日付を入れれば1枚で使うことができます。

(例)
1人で1泊2日の旅行 8/5出発、8/6帰宅 2日分使用で余り3日分。
2人で1泊2日の旅行 8/5出発、8/6帰宅 4日分使用で余り1日分。
1人で5日間連続使用 8/5、6、7、8、9に乗車 5日分 つまり1枚使用。
1人で行き1日、間を置いて帰り1日 行き8/5、帰り8/20 2日分使用で余り3日分。

次のシーズンへは持ち越せません。
余りは利用期間内なら後日、別の人が使うこともできます。
現在は1枚で5回使う方式のためバラすことができません。

1枚2300円ではありません。シーズン中に5日分使い切ってください。
こちらでは関知していませんが端数の日数分が必要な方は金券ショップやネットオークションや
売買専用掲示板などを利用している方もおります。

発売個所
みどりの窓口のある駅、主な旅行会社など(窓口の営業時間に注意)
車内では買えません 出発日前に買っておいた方がいいです

18きっぷの1日分について
0時から翌日0時を過ぎて最初の停車駅まで。
東京電車特定区間内と大阪電車特定区間内は終電まで有効。
夜行列車などを利用で、1日であまり乗らない場合は0時を過ぎる駅まできっぷを買うと
その駅から利用開始になります。

払い戻し
1度も使っていない場合、買ったところで利用期間内ならば210円を差し引いた11290円戻ってきます
1回でも使ったら払い戻しはできません

赤い青春18きっぷ
JR北海道、西日本、四国、九州で扱っている駅があります

乗れる列車
そのまま乗れる列車
    JR全線の普通、快速(新快速、通快、特快など) 。
    JR宮島連絡船(宮島口から宮島)。

特例で特急の普通車自由席に乗れる区間
    石勝線の新夕張~新得間のみ乗る場合。
    海峡線の蟹田から木古内間のみ乗る場合。
    宮崎~宮崎空港間

別途買えば乗れる列車
ムーンライト、普通、快速の指定席。
    指定席券を買えば乗れます。
    SLも快速なら乗れます。

通勤ライナーなど、乗車には乗車整理券が必要と明記されている列車。
    乗車整理券を買えば乗れます。

普通、快速列車のグリーン車自由席。
    自由席グリーン券を買えば乗れます。
    グリーン車でも指定席の場合は乗れません。

その他
    運休区間に走る列車代行バスは普通列車扱いの場合乗れます。
    振替輸送している路線は乗れる時と乗れない時があります。
乗れない列車
これらに乗る場合は乗車券も必要です。
    普通、快速列車のグリーン車指定席 。
    普通、快速列車の寝台車。
    新幹線
    特急
    急行
    バス
    JR以外の鉄道


その他
三陸鉄道
    青春18きっぷを掲示すると三陸鉄道の「三鉄1日とく割フリーパス」が買えます。
    南リアス線は530円、北リアス線は900円で1日乗り放題です。

肥薩おれんじ鉄道
    青春18きっぷを掲示すると「おれんじ18フリーパス」が買えます。
    2000円。肥薩おれんじ鉄道全線が乗り放題。利用当日窓口で発売。

ホテル
    青春18きっぷ利用者はJRグループ加盟ホテルを割引価格で宿泊できます。
    予約Tel03-3216-0489。予約時に青春18きっぷ利用と申告のこと。


■青春18きっぷ以外のきっぷ
鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ
    発売期間 平成17年9月30日~平成17年10月16日
    利用期間 平成17年10月1日~平成17年10月16日
    1枚で1日有効が3回分。9180円。こどもが半額(春18きっぷはこども同額)
    1日ずつ日付を入れる方式のため、連続で使うことも1日ずつ使うことも何人かで使うこともできます。
    乗れる列車は青春18きっぷと同じです。
    毎年発売期間と利用期間が多少前後しています。

北海道&東日本パス
    発売期間 平成18年2月19日~平成18年4月5日
          平成18年6月30日~平成18年9月14日
         平成18年11月26日~平成19年1月17日
    利用期間 平成18年2月24日~平成18年4月9日
         平成18年7月14日~平成18年9月18日
         平成18年12月1日~平成19年1月21日

    発売期間の利用開始日の一ヶ月前より発売。
    有効期間 5日間(利用開始日から5日間)
    乗れる列車 JR北海道とJR東日本全線の普通列車、北越急行、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、
    急行はまなすの自由席。
    青森~函館間については特急券を購入すれば、特急列車の自由席に乗車可能。
    値段 10000円

    有効期間が連続5日間で1日ずつ使ったり複数人で使えません。
    小児同額。
    エリア内のユースホステルが会員料金で泊まれます。
    割引のレンタカー「とれん太くん」が利用できます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|