※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネバーランドにも宗教が存在しており、それぞれがそれぞれの神を信仰しているのは現実世界と変わらない。現実世界と違うのは、それらの神々が物質的に存在しており、ネバーランドとそこに生きるモノたちに現実的に影響を与えている(あるいは与える可能性がある)ということである。つまり、二つの世界においては「宗教」という言葉が持つ内容が少し違っているということである。
ネバーランドにおける神(=宗教)は大きく二つに分かれる。一方はコリーア、イプシロン、ジャネスなどをはじめとする神々で、もう一方はネクスト、ヘルガイアなどをはじめとする神々である。前者はネバーランドに人間、魔族などとして誕生し、後にその実力をもってネバーランドに住まうモノたちの上に君臨しようとしたモノたちで、後者は宇宙の意思やネバーランドの顕現など、元から超常的な存在として在ったモノたちである。

参考:ネバーランド研究論「神話
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。