※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


大型アップデート!2016年07月27日より「HexagonProject」始動!

HexagonProjectとは?

「Real」「Natural」「Original」「Resonate」「Resolution」「Experience」
6つの要素を尊重し、1つも欠けることがないバランスで再チューニング。
従来のバージョンよりレベルの高いサウンドを実現しました。

DiamondSurroundとは?

DiamondSurroundは、音の比率を再構成し、
原音を保ちながら現実的な音にするステレオヘッドフォン用DSPです。

DiamondSurroundの仕様について

オーディオデコーダの「ffdshow」を利用したDSPで、入力された音の比率を、
ジャンルに合わせて設定されたプリセットにより、その場で聞いているような環境を再現して再生するDSPです。

このDSPは、従来の高音質化DSPのようなイコライザーや、リバーブなどを使用して音質を向上させるのではなく、
音を分離し、各チャンネルの音量比を調整。
その為、原音を直接弄るようなDSPと比べて味付けを大幅に抑えられます。
同時に原音の雰囲気も保つ為、原音重視で現実世界に近い音響を再現出来ます。

なお、音源が自然な場合は、本DSPを使用しても効果はありません。
あくまで現実離れした定位やバランスが不自然な曲に対してのみ力を発揮します。

使用しているffdshowの仕様上、リアルタイムで変換・再生を行う為、音源ファイルを書き換えることはありません。
また、直接DSP効果を書き込むことも可能です。
※ffdshowを使用するソフトウェアがファイル書き込みに対応していることが必要です。

用意されたプリセット設定の種類について

現在、以下のプリセット設定があります。 (iMPress v3)

DiamondSurround iMPress v3 Festival 屋外ライブ用
DiamondSurround iMPress v3 Orchestra クラシック音源用
DiamondSurround iMPress v3 Hexagon 他ジャンル汎用設定
DiamondSurround iMPress v3 EastShrine 東方BGM、アレンジ曲用
DiamondSurround iMPress v3 VR.Animation アニソン・ボイスSE、ビジュアルノベル用

Festival
楽器の音を高め、声量や奥行きのある音を減らして、実際の屋外ライブの様な音に昇華します。
高音域から低音域まで、現実的な迫力とパンチのあるサウンドへ変わります。
Orchestra
生演奏の臨場感、音の力強さを再現する設定です。
楽器の生々しさに重視したチューニングで、オーケストラ音源や打ち込み音源、生演奏音源、何れに対しても力を発揮します。
Hexagon
どの様なジャンル・曲調であっても対応可能な、汎用性に特化したチューニング。
「現実的」「自然」「原音忠実」「共鳴」「解像度」「実体験」の6つの要素を尊重し、全てを欠かす事なく忠実に変換します。
分解能が高い為、音が聴き取りやすくなります。
EastShrine※世界初
旧バージョンのEastSTGを更にチューニングしました。
ZUN氏が製作する東方シリーズの原曲はもちろん、東方のアレンジ曲に対しても抜群な効果を発揮します。
VR.Animation※世界初
アニメソングやボイスSE、ビジュアルノベルのVR化に特化したプロファイルです。
VR.AnimationとAnimatorの設定を両立させ、従来と同様に日常の音に近い変化ですが、
楽しさを感じ取れるリズム感と再現度をより良いバランスで両立しました。
VR.Animation x2 x4
上記VR.AnimationのDSP効果量2倍と4倍の設定プリセットです。
より極端なバランスの際に使用する設定となります。

+iMPress v2以前の旧バージョン
DiamondSurround iMPress v2 Festival 屋外ライブ用
DiamondSurround iMPress v2 HatsuneMiku ボーカロイド用
DiamondSurround iMPress v2 Orchestra オーケストラ音源用
DiamondSurround iMPress v2 Revolution ニュートラル設定
DiamondSurround iMPress v2 Stadium スタジアム音源用
DiamondSurround iMPress v2 EastSTG 東方BGM(原曲)用
DiamondSurround iMPress v2 EastArrange 東方アレンジ曲用
DiamondSurround iMPress v2 Animator アニメソング・ボイスSE用
DiamondSurround iMPress v2 VR.Animation ビジュアルノベルVR化用

Festival
楽器の音を高め、声量や奥行きのある音を減らして、実際の屋外ライブの様な音に昇華します。
高音域から低音域まで、現実的な迫力とパンチのあるサウンドへ変わります。
HatsuneMiku※世界初
ボーカロイド系音楽全般用の設定で、機械音声特有の単調的な楽器の音を実際に演奏しているような雰囲気に仕上げます。
臨場感よりも音の力強さを引き出す為の設定で、音がより鮮明になります。
Orcestra
生演奏の臨場感、音の力強さ、音の遅延を再現する設定です。ソースがオーケストラ音源の場合に力を発揮します。
実際の環境下での遅延と収録音源の遅延の誤差を微調整し、録音された音源を本物のオーケストラの様に響かせます。
Revolution
「革命」という名前の設定で、様々な音源において平均的で偏りのない音になるように設計されたプリセットです。
PopやRock等のごく一般的なジャンルの音源を極限まで各チャンネルの割り当てを調整。
音を鮮明にしながらも、原音重視でフラットに仕上げた相性抜群のサウンドステージを響かせます。
Stadium
スタジアム独特の反響音を再現した設定です。
録音音源の反響音等をチャンネルで分け、楽器や声の音情報を正確なディレイ・定位で再出力し、
各種分配量を調整することで、実際のライブ環境に似た状況を作り出します。
EastSTG※世界初
ZUN氏が製作する、東方シリーズの音楽(原曲)に特化したDSPです。
幻想的な音に仕上げる為、総数百曲の音構成を何度も解析し、音場や音の作り方をみてアベレージポイントを設定。
どの様な曲であっても確実に合う様に、ディレイタイム・各Ch割当量を細かく見極めて設定しています。
この設定を利用すると、今までのBGMは幻想的なハイレベルな音源へ昇華します。
EastArrange※世界初
東方のアレンジ曲に特化したDSPです。幻想的でかつ、パワフルな音に仕上げながらも、
アマチュア系・同人系によくあるミックスエラーを抑えつつ、原曲のイメージを崩さずに維持して変換します。
音の傾向がEastSTGと似ていますが、若干Revolution寄りです。
Animator※世界初
アニメのBGMやボイスなどの音楽に特化したプロファイルです。RockやPopなアニメBGMにも適応した、
自然に心を揺り動かされるリズム感と現実的な音響でアニメの魅力を最大限に引き出します。
VR.Animation※世界初
R18アニメ系フルボイスゲームのBGMやボイス・SE等の音を、
現実世界で聴いている様な日常に近いサウンドステージへと昇華させるDSPです。
「音」を通じて仮想的な現実空間を再現し、より感情的に浸れる様になります。
VR.Animation x2 x4
上記VR.AnimationのDSP効果量2倍と4倍の設定プリセットです。
より極端なバランスの際に対応する為の倍率設定となります。


※2016/1/1 チーム調査。

対応OSと、必要性能構成について

対応OS・必要性能構成は以下の通りです。

対応OS(32bit 64bit問わず)
Windows 10~Vistaまで

最低限必要な構成
CPU:1GHz以上
RAM:2GB以上
HDD空き容量:100MB以上

※参考情報:Core™ i7 4790K で CPU使用率0%

入出力ビット深度(音源を含む)16Bit~32bit
サンプリングレート:44.1KHz以上 ステレオ

※32Bit非対応の場合、再生時にBit欠落が発生します。
※このDSPは、性質上オンボードDAC等では効果が薄い場合があります。

DiamondSurroundを利用可能なプレイヤーについて

ffdshowが利用可能なプレイヤーであれば、基本的に使用できます。
ゲームによっては、リアルタイム音声変換が可能な場合もあります。

現在、以下のプレイヤーにて再生を確認しています。

J.RiverMediaCenter
WindowsMediaPlayer
MPC-HC
MPC-BE
KMPlayer
GomPlayer
Lilith
uLilith
aviutl
foobar2000
WinAmp

DiamondSurroundを利用する際に注意する点について

このDSPは、音に関する部分を最適化している為、既存のサラウンドなどの機能と干渉し、
誤動作や音質の劣化を引き起こす可能性があります。
その為、イコライザー、仮想サラウンド・自動音量調整等はオフにする必要があります。

このDSPには音質劣化を避けるためにリミッターがありません。
音割れする場合は、音源の音量を下げる必要があります。
※曲にもよりますが、レベルを-3~4dB まで下げるとクリッピングを回避できます。

また、24bit以上に対応していないサウンドボードで利用頂いた場合、
再生不可もしくはノイズが再生されますので、ご注意ください。
※音源については、16bit~32bit整数・浮動小数点、サンプリング周波数44.1KHz~192Khzまでの再生を確認しております。

設定ファイルはレジストリデータの為、実行前にバックアップをとることをおすすめ致します。ffdshowが既にインストール済みの場合、一部の設定を上書きしますのでご注意下さい。

※ このソフトウェアを利用して生じた問題は取りかねますのでご了承ください。

インストール手順とダウンロードリンクについて


インストール手順
※ ffdshow-tryoutsインストール済みの場合は(1)~(2)は不要です。
(1).下記のffdshow-tryoutsをインストール。(設定項目はそのままで可)
(2).ffdshow-tryoutsをインストール後、PC再起動。
(3).再起動後、DiamondSurroundの設定ファイルを実行。
(4).お好きな音楽を再生した際に、タスクバーに[FFA]と表記されたアイコンが表示されれば導入完了。
※デフォルトでは設定が無効ですので、FFAを右クリックし、プリセットを選択して有効になります。

――DSPエンジン――

ffdshow-tryouts
※必ず32bit版をインストールしてください。64bit版ffdshowには対応していません。
ffdshow-tryouts最新版

――最新版――


+――旧バージョン一覧――

DiamondSurround iMPress v2 (Ver8.9)
http://firestorage.jp/download/0e8dfe717478c8d5fd48b828021ab87093f29c7c
※ver8.7、8.8はver8.9用プリセット試作バージョンの為、省いています。