雨滅の一日第一巻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:上来◆tJkAkCHplg




「いってきます」
恵美は家を出たとき雨滅は
「えっもうこんな時間。マジかよ」
「起こしただろ」
父に怒鳴られても気にせず
「いってきます」
もちろん走る
キーんコーンカーンコーン
「セーフ」
間に合ったが先生に着席してないため怒られる
「おい、雨滅また寝坊か」
「おい、カム誰が寝坊だねすごしただけだ」
まあこれがたいてい毎日の朝である