彼方第一巻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:京◆Kr6L6V3ak2 



「・・・琴様、今日は親族の来る日ですよ」
まだ10歳ぐらいの少女は、自分より少し大きな少女の部屋へと入る。
中に居る少女は、その長い髪をお気に入りの櫛ですいていた。
「へ?・・あぁ。そうやな。そろそろか」
櫛を引き出しへしまう。
「・・・じゃ、行こうか」
「はい。畏まりました・・。」
少女は少女らしくなく、丁寧な言葉でお辞儀をする。
すると大広間へと足を運ばせる。
「・・あ、おーい、にいさーん」
「・・・?」
初めて見る人に、少女は吃驚した。
「琴様・・?この方は・・?」
「あ、これは私の従兄。樹夜兄さん。」
「・・あ、どうも、私、琴様の使用人を務めさせて頂いています、忍者の夜音ですっ」
「・・こんにちは。」
優しく少女に笑いかける青年。
――これが、2人の出会いでした。



「・・・」
ご馳走の前で、ぽけー、としている。
それは決して、ご馳走のあまりの美味しさに、ではなかった。
「・・・あの方・・・。どんな人なんだろう・・」
さっきの出会いを思い出す、と、顔が赤らめる。
それを何回も繰り返し、少女は正気に戻りにくかった。
「・・琴様っ」
少女は琴夜という少女の場所へ行くと、琴夜の隣に、そのお方が居るのに気づき、少し離れる。
「・・・どうしふぁん?」
口にフライドチキンを突っ込んで、もふぁもふぁと喋る琴夜。
そして、その口でその人と会話していた。
少女――・・。夜音は、その人・・樹夜の事が木になって仕方がなかった。
あぁ、その綺麗な顔で物を食べるのか。
そのような動作をするのか。
そのような笑みを作るのか・・。
樹夜の全ての行動が夜音の中に入り込み、溶かしてゆく。
苦しさと切なさを足して2で割ったみたいな感情に、夜音は吸い込まれていった。
「・・・あの、お肉ばかりもアレですから、サラダコーナーに行きましょう琴様っ」
「あ、じゃあ樹夜兄さんも・・」
「さぁ行きましょう!!」
琴夜をずるずると引きずり、無理にサラダコーナーで移動させる。
夜音には恋している人と共に居るのは辛くてたまらなかった。
だけれど、それが恋と自覚するのはまだまだだった。